FC2ブログ
4月に区社協での勤務から十数年ぶりに市社協の生活福祉課に異動してきました。現在、3年ごとに行っている改訂作業を担当しています。生活福祉課では、福岡市民の様々な相談に対して、より適切に対応できる窓口等を紹介するために、福岡市内で相談業務に従事している関係者向けに「相談窓口の手引き」という冊子を作成しています。
前回の発行から3年も経過していると、掲載している相談機関の業務内容等も大きく変わっていたり、新たな相談窓口ができていたりしているため、作業は思っていた以上に大変ですが、とても勉強になります。早く関係者の皆様にお届けし、役立てていただけると幸いです。
また、ふくふくプラザの周辺を散策してみると、商店街や街並みも変わっていました。どこかお気に入りのお店を見つけたいと思っているところです。
2019.08.13 Tue l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 福岡市社会福祉協議会では、福岡大空襲による戦災死没者、海外から引揚の途中で亡くなられた多くの方々のご冥福を祈り、併せて恒久平和への誓いを新たにするために、毎年6月19日に博多区冷泉公園にて「福岡市戦災引揚死没者追悼式」を執り行っています。
 当日は天気にも恵まれ、約130名の博多小学校の児童の皆さまを含め、370名を超える方々がご参列くださいました。

追悼式➀

 今年は、約50名の「焦土に涙すを歌う会」の皆様が空襲で引き裂かれる母子の情景などを描いた「焦土に涙す」を合唱されました。追悼式にて合唱されたのは初めてでしたが、その歌声には戦争の悲惨さを風化させることなく後世に伝えたいとの思いがこめられていて、私も聞きながら二度と戦争が起きて欲しくないという想いを強くしました。
 福岡大空襲から74年という長い年月が経ち、戦争を知る人も少なくなってきています。語り部が少なくなっている今、戦争の悲劇を繰り返さないように、平和への想いを私たち一人一人が後世へどのように伝えていくべきかを考えるひとときを、この機会に持ってみられてはいかがでしょうか。

tuitousiki.jpg

2019.07.17 Wed l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
福岡市社協の先駆的な地域福祉の実践が高く評価され、この度、日本地域福祉学会 地域福祉優秀実践賞を受賞しました!

日本地域福祉学会は、地域福祉に関する研究等を通して地域福祉に寄与することを目的に1987年に設立された学会です。

今回、住民主体の地域福祉実践をサポートする活動を地道に展開してきたことや、活動資金調達と地域課題の解決のためにファンドレイジングの取り組みを実践してきたこと、また、潜在化している社会のニーズを掘り起こし顕在化させ、それらへの対応を「ずーっとあんしん安らか事業」「やすらかパック」「社会貢献型空家バンク」「住まいサポートふくおか」といった社協事業として展開していること、そして事業展開する中で様々な社会資源と連携し、協働のプラットフォームを形成していることなどが、先駆性・開拓性・普及性(波及性)のある実践だと認められ、表彰されました。

6月8日、岡山県倉敷市で開催された日本地域福祉学会第33回大会内において表彰式が執り行われました。

811.jpg

大会には福岡市社協から4人の職員が参加しましたが、全国の社協の仲間や、大学の研究者など、多くの方から、お祝いと労いのお言葉をかけていただきました。

822.jpg

この賞に恥じないよう、そして福岡市の地域福祉推進にさらに寄与していけるよう、職員一同これからもがんばっていきたいと思います!

(地域福祉課 K)
2019.06.17 Mon l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「さぁ、くまモンいらっしゃい!!」
一声大きな声を上げて、グリップを回すご婦人。
ここは、福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)の1階ホールでの一コマです。
新年の恒例行事として定着してきた“カレンダーde赤い羽根共同募金” (年末年始にかけて企業等からボランティアセンターに届いたカレンダーや手帳の無償配布・・・に併せた募金活動)。今年は、この募金箱(写真)の隣に初めて、赤い羽根ガチャガチャ(写真)を設置したのです。

k11.png

k22.png
「さぁ、くまモンいらっしゃい!!」


こんな看板をつけて。
k33.png

ご存知の方もいらっしゃるかもわかりませんが、福岡県共同募金会が制作した募金グッズ、ソフトバンクホークスマスコットキャラクター『ハリーくん赤い羽根バッジ』2種類の他に、熊本県共同募金会のご協力により『くまモン赤い羽根バッジ』4種類も入っています。1回のガチャガチャにつき500円。その全額が募金になる仕組みです。
通常ガチャガチャは、子供さん向けの100円のものが多いようですが、これは大人向けの、寄付つきガチャガチャ。文頭に書いた声は、このようにして聞こえてきたものだったのです。
中には、『くまモン赤い羽根バッジ』が出るまで、数回チャレンジされた方もいらっしゃったとか。
いやぁ~、ありがたいやら、申し訳ないやら・・・。

最後にご報告です。
この期間中の寄付つき赤い羽根ガチャガチャの募金額は、22,000円でした。
ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

共同募金会E

2019.04.17 Wed l 共同募金会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ボランティアセンターには、年末から年始にかけてたくさんの企業の皆様から新年のカレンダーや手帳の寄付が届きます。これらは、ふくふくプラザを利用されているみなさまに配布して活用していただいています。
「仕事をしている頃はたくさんのカレンダーをもらっていたけれど、退職してからは手に入りにくくなってね」という方など、毎年楽しみにされている方も多く、配布の初日にはたくさんの方にお集まりいただいています。
そして3年前から福岡県共同募金会福岡市支会と一緒に「カレンダーde赤い羽根共同募金」と銘打って、赤い羽根共同募金運動も同時に行っています。
2019年は1月10日(木)10時から配布開始です。なくなり次第終了ですが、例年、数週間は在庫がありますので、みなさまぜひお越しください。
なお、できるだけ多くの方に使っていただけるよう、カレンダー、手帳あわせておひとり5点までとしております。

写真は昨年の様子

6011.png

6022.png


(ボランティアセンター Y)
2018.12.11 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top