FC2ブログ
今年で終戦から73年という長い歳月が経ち、戦争を知っている世代の方も少なくなってきています。戦争によって日本が受けた被害は非常に大きく、福岡市でも昭和20年6月19日の福岡大空襲によって福岡市の市街地、とりわけ奈良屋・冷泉地区は甚大な被害を受けました。
福岡市社会福祉協議会では、福岡大空襲による戦災死没者、海外から引揚の途中で亡くなられた多くの方々のご冥福を祈り、併せて恒久平和への誓いを新たにするために、毎年、6月19日に博多区冷泉公園にて「福岡市戦災引揚死没者追悼式」を執り行っています。
3


今年は、開式前に小雨の降る足元の悪い状況の中、100名を超える博多小の児童の皆さまを含め、300名近い人々がご参列くださいました。
遺族代表の方の謝辞の中の、「戦争を知る人も少なくなり、戦争の悲惨さを風化させることなく後世に語り継いでいきたい。」という言葉を聞いて、私自身も改めて平和の尊さ、生命の大切さについて考えました。また、博多小の児童代表の3名が、平和への思いをこめて作文を朗読してくれましたが、将来を担う子ども達が平和について考え、思いをはせてくれたことは、日本の未来への明るい希望のように感じられ、とても嬉しく思いました。
平和な時代を生きている私たちは、日常の忙しさにかまけて平和の尊さについて忘れてしまいがちです。平和への想いを忘れないためにも、皆様も来月の終戦記念日には平和について考える時間を持ってみてはいかがでしょうか。
4.png
2018.07.18 Wed l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
大成設備株式会社様より車いすを5台寄贈いただきました

大成設備株式会社様は社会貢献の一環として毎年、社会福祉法人や各地の社会福祉協議会へ車いすを贈呈されていて、今年度は本会にご寄贈いただくこととなりました。
この活動は今年で6年目になるそうです。
ご寄贈の車いすは市内7つの区社協のうち、博多区、中央区、南区、早良区、西区で使わせていただくことになりました。

本会と市内各区社会福祉協議会では、高齢者などの外出や家族のけがなどで急に車いすが必要になったときや、障がいの理解や車いすの介助の方法等を学ぶための研修などに車いすを貸し出しています。
各区が所有している車いすの中には老朽化している物もあり今回のご寄贈を大変ありがたくお受けしました。

ご寄贈いただいた車いすは市民の皆さまへの福祉増進に大切に活用させていただきます。
大成設備株式会社様、ありがとうございました

ゾウテイシキ2
市民の方への貸し出しなどに大切に活用致します!

(総務課:S)
2017.03.07 Tue l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
9月6日(火)、講師にヒューマンコミュニケーション研究所 代表 添田 譲二氏をお迎えして、今年度2回目となる「福祉レクリエーション研修」を開催しました。
今回は、「遊びリンピックで楽しい時間を過ごそう」をテーマに、座ったままでも、少しの動きでも楽しめる運動会競技風のレクリエーションを、身近なモノを使って共に体験しました!
今回もたくさんの方にご参加いただき、参加者のアンケートでは、95%以上の方が満足したという結果となりました。




【参加者の声】(アンケートから一部を抜粋)
◆座ったままできる内容が多く、どの内容でも取り入れる事ができそうです。
◆1つの遊びでも工夫すればやり方は沢山あって、利用者のレベルによって色々な遊びができるので良かった。
◆自分達介護職がかなり楽しめたので、利用者様もきっと楽しんで頂けると思った。
◆身近なものでも、楽しくレクレーションをするコツを教わりとても勉強になりました。
◆職場から一人で参加し、不安もありましたが、初対面の人とも楽しく過ごすことができ、実際にやってみることで、自分でも多くの気づきがありました。




福祉レク1

福祉レク2


たくさんの方のご参加、ありがとうございました。
今後の研修にも是非ご期待ください。
(図書・研修係 H)

2016.10.03 Mon l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月2日(火)、福岡県立大学 社会福祉学科 准教授 村山浩一郎氏、 総合ケアセンターたいめい苑 管理者島﨑 剛氏のお二人を講師に迎え、地域とのつながりをテーマとした講座を開催しました。

この講座は、今年度、新規研修として実施したものです。
地域福祉実践の意義や効果、高齢者の孤立、買い物弱者、生活困窮者世帯の子どもの生活等「生活困窮」の問題を抱える人たちに対する取り組みについて講義を受けた後、参加した福祉施設職員の皆さんが、自分たちの強みから地域の課題解決を目指した演習を通じ、「地域とのつながり」をどう構築するか共に考えました。

参加者のアンケート結果では、理解度95%以上とかなり満足度の高い講座となりました。

【参加者の声】(アンケートから一部を抜粋)
・ 地域とのつながりをどう構築していけば良いか?会社としても考えている段階だったので、座学、実践、報告、グループワークそれぞれに参考になりました。
・ 「地域」という幅広い分野で貴重な実践の話や仕組みの話が聞けて良かったです。
・ 地域と事業所が両輪になって地域全体を支えていく重要性が分かりました。
・ 生活支援グループを施設と協力しながらつくりたい。自分の職場の強みを見つめ直すきっかけになった。
・ この講習をもっとたくさん、いろんな場所でして頂く必要があると思います。絆づくりのために。
・ 「地域とのつながり支援について」継続的な研修があればと思う。(複数意見)


たくさんの方のご参加、ありがとうございました。
今後の研修にも是非ご期待ください。
(図書・研修係 H)

図書ブログ1



図書ブログ2
2016.08.26 Fri l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
年末にやることの一つに、『大掃除』があります。

掃除をすると未使用のお歳暮や古本、古着などを処分することがあると思います。
そのようなものは、使いみちによっては、子どもや高齢者を支援する施設・団体の活動として役立つ場合があります。
市社会福祉協議会ボランティアセンターのホームページには、バザー用品の募集情報や収集ボランティア情報なども掲載されていますので、一度掃除の前にご覧になられてはいかがでしょうか。
kankyo005.jpg



福岡市内の社会福祉施設によるバザー用品などの募集一覧

また、書類を整理する際に、溜まった請求書、例えば携帯会社の明細書を見ると、ポイントが付与されているものもあります。中には、事務用品や充電器のバッテリーとして交換できるものもあります。
ポイントと言えば、ニモカや、はやかけんといったIC乗車券にもポイントが加算されている場合があります。これを機に交換・換金を検討してみてはいかがでしょうか。

デンワ

(総務課経理係:M)
2015.12.25 Fri l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top