「ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金」は、就職に有利な資格を取得するために養成機関で修学している間に、月額10万円又は7万500円が支給(上限3年)される福岡市の制度です。
この制度を利用して資格取得を頑張っているひとり親の方に入学準備金50万円以内と就職準備金20万円以内の貸付による支援を行っています。

貸付事業は、平成28年8月1日から始まりました。 
平成28年1月20日以降に養成機関に入学又は卒業した方が対象で、遡及して申請できますので、お問い合せください。


●申請決定人数(1月6日現在)
入学準備金 13人
就職準備金 12人


~申請者の声をご紹介します~
・入学には入学金や教科書代など、費用がかかるので、貸付を利用できてよかったです。
・通学には交通費など、学費以外の費用もかかるので助かりました。

「貸付を利用できるなら資格取得を考えてみたい」との声も寄せられています!

資格取得について、これから検討されてはいかがでしょうか。

福岡市ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業 制度概要
    http://www.fukuoka-shakyo.or.jp/work_service/job-training.html

制度の内容等につきましては、お気軽に以下までお問い合わせください。
●問合せ
  福岡市社会福祉協議会 生活福祉課
  電話 751-1121
  FAX751-1509

(生活福祉課 I)

ひとり親家庭 図2


2017.01.13 Fri l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
産後休暇や育児休業後に復職する保育士の離職防止や保育士資格を持っているのに、保育士として働いていない方の再就職支援を目的に資金を貸付け、保育士の人材確保を図る事業です。

 今年の8月1日からこの事業が始まりました。
※平成28年4月1日以降に条件を満たす方は、遡って申請ができます。

●相談件数:275件
相談は、「制度に関する内容や貸付対象となるかどうか」、「現在、他市に居住しているが福岡市内の保育園で就職を検討している方からの手続きに関する相談」「当事業を訊いた上で保育士の仕事を再開するかどうか検討している方からの相談」等さまざまな内容をお受けしております。

●申請決定人数:保育料の一部貸付事業 19人
        就職準備金貸付事業  7人

~申請者の声をご紹介します~

・結婚、出産、育児で現場を離れてブランクがあり、自分の子どもを保育園に預けて働くことに、生活が両立するのかといった不安も大きく悩んでいたが、この制度を知って復職への決心がついた。
・復職するつもりではいたが、子どもの保育料の半額を貸付で貰え返済免除になるのは嬉しい。
・結婚出産前は、別な仕事に就いていたが、子どもを保育園に預けるにあたりこの制度を知り、保育士で就職活動をしている。
・この制度を利用する友人から聞いて問い合わせしました。保育園での復職を目指します。
・就職して一か月ほど経過した頃に制度を知った。
・就職はしていたが、制度を知らず最近友人から聞いたので電話しています。
・2年間働けば返還免除となるので、まずはそこを目標に頑張ります。

以上、ご紹介した声にもありますが、友人や知人からの口コミでこの制度を知る機会となった方もおられます。
ぜひ、皆様の身近に保育士資格を持っていて保育士の仕事をされていない方がいらっしゃいましたら、この制度についてお知らせください。
 
制度の内容等につきましては、お気軽に以下までお問い合わせください。

福岡市保育士人材確保事業 制度概要
    http://www.fukuoka-shakyo.or.jp/work_service/nursing.html

保育士ココット


●問合せ
 福岡市社会福祉協議会 生活福祉課
 電話 751-1121
 FAX751-1509

(生活福祉課 T)

2016.12.06 Tue l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
9月30日(火) 市民福祉プラザ研修室で行いました。

「福祉相談援助~相談者のよりよきパートナーとして~」をテーマとして、福岡県社会福祉士会所属の社会福祉士 小田一恵様より講演をいただきました。
参加者は市民福祉プラザ内の団体で相談を受けている相談員の方々です。
講師は児童、高齢者、障がい者等の相談、権利擁護と幅広い分野で活躍をされており、豊富な経験の中から話をしていただきました。
「あなたは誰に相談しますか?」「相談する人がいますか?」から始まった「相談員研修会」は、講話の後、各グループで「相談の中で感じたこと」をテーマに協議し、共有してもらいました。日頃の相談活動の中から感じる相談者の気持ち、相談員の悩み等の意見を出し合い、互いを確かめ合うことができました。

講話の中で「自分自身を知る」、「相談員の心の声を聴く」ということが大切との言葉が印象に残りました。最後に、「来談者のためだけでなく、自分も大事にしましょう。」の言葉で研修会は終わりました。
この研修が参加者の皆さまの今後の相談活動に生かされていくことを期待いたします。

 講師の話を傾聴
相談研修1


みんなグループ協議に熱が入っています。
相談研修2

(生活福祉課:K)
2014.10.21 Tue l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
福岡市児童福祉施設球技大会が行われました。
6月22日に、福岡市の児童福祉施設に入所している子どもたちが競う球技大会が行われました。男子は軟式野球、女子はバレーボールに分かれて競技が行われました。
軟式野球は優勝チーム、バレーボールは優勝と準優勝の2チームが8月に行われる県大会に参加できます。
前日から雨が降り続き、残念ながら男子の軟式野球は延期となりましたが、女子のバレーボールは室内のため無事に行われました。

どのチームも、失敗があっても皆でカバーしたり励ましたり頑張っている姿がとてもステキでした。

来週は男子の延期となった軟式野球が行われます。晴れますように!!

バレー写真




担当:生活福祉係 I
2014.07.08 Tue l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 東日本大震災から一年を迎え、遺族の方々も復興へむけ一歩ずつ賢明に前へ進む努力をしておられ、遠く離れた福岡市にも親戚を頼って引越してこられたことなどを新聞等で見ます。
 震災には遭っていない方でも皆、人生を生きていく上で色々な出来事や悩み事に遭遇し、その度に立ち止まったり悩んだりしますが、そのような時、福岡市社会福祉協議会の「心配ごと相談所」で日頃の悩み事を相談していただき、少しでも心が軽くなっていただければと思います

 今まで、福岡市内にお住まいの方の生活福祉資金の相談や申請は、各区の社会福祉協議会で受付をしていましたが、4月から生活福祉資金受付センター(福岡市社会福祉協議会 生活福祉課)に変わります。
 生活福祉資金貸付制度は低所得者、障がい者又は高齢者に対し、資金の貸付と必要な相談支援を行うことにより、その経済的自立及び生活意欲の助長促進並びに在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的とした貸付制度です。
 一人一人のニーズにあった決め細やかな対応を心がけていきたいと考えております。皆様方のご協力を宜しくお願いします。


 担当:生活福祉課 Y
2012.03.21 Wed l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top