FC2ブログ
我が家では日曜日のたびに、
近くの大手スーパーに買い出しに行きます。
もちろん私が運転手兼荷物持ちですが、
近頃、その姿にあるものが加わりました。

それはエコバックを両手に抱えた姿です。
(格好はご想像にお任せします…)

また、我が家のマイカーにもアクセルワーク次第で
燃費向上がわかるエコマークが表示されたり、
マンションでペットボトルやアルミ缶の回収をするようになり、
新聞販売店が古新聞のリサイクルを行うなど、
身近なところで地球温暖化防止への取り組みが展開され、
私たちも小さいことながらも、生活の中でエコに関わっています。

実は、社会福祉協議会でも「小さなエコ」「助け合い」
取り組みを行っています。

それは「福祉用具リサイクルあっ旋事業」です。

ご家庭で使わなくなった車いすや電動ベッドなどの福祉用具を
必要な人に譲るための情報の仲介を行っています。
実際の受け渡しは双方で行ってもらい、
引き取りは行っていません。
いわば、新聞の掲示板の「お譲りください」「差し上げます」の
コーナーの役割を担っています。

ただし、使わなくなった人より必要な人の登録が多く、
あっ旋までに時間がかかったりと
万事順調というわけではありません。

※登録用ハガキ。電話でも受付ます。
※登録用ハガキ。電話でも受け付けます。

しかし、それでも昨年度は年間約100件が成立しました。
もし、ご家庭に眠っている車いすや電動ベッドがありましたら、
ぜひご一報ください。
貴方も「小さなエコ」「助け合い」を試みてみませんか。

担当:生活福祉課 U
2009.08.27 Thu l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなさん、タイトルの○○○には、何が入るでしょう?
答えは、勤マル
正式には「勤労者マルチライフ」といいます。

このマルチライフとは、仕事オンリーの生活にもう一つ、
別の要素を組み合わせることで、生きがいのある充実した人生を送る生き方のことです。
そこでもう一つの要素として、社会貢献=ボランティア活動を提案するのが、「勤マルの日」なのです。

勤労者のみなさんの中には、
「仕事に追われてただでも忙しいのに、ボランティアなんてムリ!」
と思われている方もいらっしゃると思いますが、実はボランティアって楽しみながらやるものなんです。
忙しいからこそ、ボランティアでちょっと息抜きしてみませんか?

ということで、『勤マルの日』の中身をご紹介します。

今年で4回目となるこの『勤マルの日』。
昨年は、9ヵ所に総勢750名の参加がありました。
内容は子ども病院や九州がんセンター、大濠公園で花の手入れをするフラワーボランティア。
油山自然観察の森や新宮町にある楯の松原で、間伐や草刈りを行う里親ボランティア。
大名地区での落書き消しや、海岸で清掃をする環境ボランティアなどです。

これまでは、真夏の7月というかなり過酷な時期に開催していましたが、
今年は涼しい秋のシーズン、11月14日(土)に開催します。

今年も昨年に引き続き、福岡市内や北九州で合計10ヵ所を拠点として、様々な内容のプログラムを予定しています。

昨年同様どの拠点も、ボランティア活動を気軽に体験できる活動を準備する予定ですので、みなさんも「楽しみながらできる社会貢献」に、ぜひご参加ください。

詳細が決まり次第、ボランティアセンターホームページに情報を掲載致します。

担当:ボランティアセンター F
2009.08.21 Fri l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top
暑さが続く今日この頃…みなさん体調を崩されていませんか。
「介護サービス評価センター」に勤務し、3回目の夏を迎えています。

評価センターは、介護サービス事業所への訪問調査を行っています。
外勤が多い調査員は、暑い時期の体調管理に特に気を遣います。

暑さによる体調不良といえば、熱中症があげられます。
私は15年ほど前から年に2?3回、市民マラソンに参加しています。
40歳を過ぎた頃から少し太りだし、
健康のためにと思って始めたジョギングがきっかけでした。

しかし、大会に参加するようになってからは、
自己記録を更新したい!
大会が近づくと、もっと走り込まなくては!と
焼け付くような日差しの中での練習で、気分が悪くなったこともありました。
(今思うと、軽い熱中症だったのかも…)

最初の目的だった「健康のため」はどこへやら。

しかし、最近では自分の年齢も考え、
無理をしない、
完走しなくていい、
いつまでも走れて、美味しいお酒が飲める体を維持することを目標に、
練習に励んでいます!

今年の「シティマラソン福岡」には、初めて
給水ボランティアとして参加させてもらいます。
そして、そのときはランナーに大声で声援を送ります!

「ガンバルな」「ガンバルな」と…。

担当:介護サービス評価センターふくおか Y
2009.08.04 Tue l 介護サービス評価センターふくおか l コメント (0) トラックバック (0) l top