皆さん、情報収集はどうしていますか?
私は「インターネット」を活用しています。
食事をする店を探すとき、化粧品のクチコミを調べるとき、旅行をするとき…。
もちろんインターネット上には間違った情報や「サクラ」も混在しているので、必要な情報・正しい情報を取捨選択する必要があるのですが…。
それでも家にいながらにして、営業時間などを気にせずに調べることができるのはとても便利なことです。
もちろん、インターネットショッピングも楽しいですね。珍しい食品や本、あまり近くで売っていない小物なんかはついついクリックしてしまいます。
最近は旅先で食べた小さくて甘い「桜島小みかん」が忘れられず、つい購入ボタンをクリックしてしまいました。届くのが楽しみです。

さて、社協でもホームページでの情報発信の比重が高まってきています。
現在は別のサイトになっているボランティアセンターや区社協も、今年の4月からは統合し、より見やすく情報をお届けできるように準備中とのことです。

我がファミサポでは、先月ブログを開設しました。
ファミサポを知らない方には「ファミサポってどういう仕組みなんだろう」ということを知ってもらうきっかけに、また、すでに会員になっている方には、交流会や講習会の報告を見てもらいたいと思って、更新に励んでいます。ぜひご覧ください。

さて、前回の記事で「はーちゃんの冬用の着替えがほしいな?」とさりげなく(?)手芸が得意なSアドバイザーに、プレッシャーをかけていたのですが、その甲斐あって冬用のお洋服を作ってもらいました。それも「男の子バージョン」「女の子バージョン」の2種類も!
(写真は女の子です)冬服はーちゃん

お子さんが着なくなった洋服のリサイクルだそうです。
総務課のKさんがマフラーと帽子も編んでくれて、ますます暖かそうです。

季節に応じた洋服を着せてもらって、よりリアルな子どもに近づいたはーちゃん。
先日も市民センターでの提供(両方)会員講習会に連れて行き、受付用の机の上に置いていたのですが、それを見た受講者の一人が悲鳴を!
本当の子どもと勘違いして「あんな高い机の上に座ってたら危ない!」と思って心配してくださったのです。さすが子どもが好きで、子育て支援に関心のある方が集まってるだけのことはあるなぁ…と感心してしまいました。
でも…あのときの方、びっくりさせてしまって誠に申し訳ありませんでした。

担当:ファミリー・サポート・センター M
2010.01.27 Wed l ファミリー・サポート・センター l コメント (0) トラックバック (0) l top
月日の経つのは早く、結婚して十年になります。
その間、3人の子どもを授かり、慌ただしい毎日を送っています。
家族構成は、妻と3人の子ども、そして義理の弟(草食系イケメン)の6人おり、大家族とは言えませんが賑やかさはなかなかのものです。
ちなみに子どもは全員男の子で、障子には常に穴が空いている状態・・・、いつしか張り替えることを止めてしまいました・・・。

先日、テレビで「大家族○○家」というようなドキュメント番組があり、それをつい真剣に見てしまいました。
一人っ子の私は大家族の人間模様(大家族ではどのように家庭の秩序を保っているのだろう・・・)に興味を覚えたりします。大家族の子ども達は、同じ環境に育っていながら、それぞれに個性的でした。
自分の子どもに置き換えてみると確かにそうだな・・・と思います。長男が几帳面で石橋を叩いて渡る性格、次男は、一つのことに集中すると周りが見えなくなる職人気質、末っ子はとにかく自己主張をして我が道を行くタイプ、きっと子どもの個性は子ども数だけあるということなのでしょうね。

さて、父・母の子どもへの関わりですが、テレビの○○家では、お父さんは、家長としての威厳を背中に見せつつ、子に人生の厳しさを教えているように見えます。お母さんは、子に抱きつきながら、まんべんなく愛情を注ぐ姿が印象的でした。親は子にとっての「安全基地」になっており、自分もそうありたいと思いました。

最後に夫婦の関係ですが、テレビの中の夫が「この家の社長は誰だ・・・?」と妻におもむろに尋ねました。
妻が「それ(社長)は私でしょう。」と答え、
夫:「じゃあ俺は何?」、
妻:「従業員じゃない?お金を生むし・・・。」
夫:「そっか、そうかもしれないな・・・。」とありました。
その場面を見て妙に納得してしまう自分がいるのでした。

担当:あんしん生活支援センター N
2010.01.14 Thu l あんしん生活支援センター l コメント (0) トラックバック (0) l top