「ヘラに操を捧げて」25年。

“ヘラ”は「ヘラブナ」のこと。
琵琶湖特産のゲンゴロウブナを品種改良した飼育種。つまり“魚”です。
釣りはヘラブナだけで、他魚種には目もくれない「あなた一筋」のアングラーというわけです。
このヘラブナはマブナに比べて体高が高く、銀白色の魚体は美しく、全国の河川や湖沼、池に棲んでいます。
キャッチ&リリースのスポーツフィシィングですが、ヘラブナは絶滅危惧種IB類になっています。

取り憑かれたといってもいいのですが、なぜなのか考えることがあります。繊細な釣りで奥行きが深いことも魅せられた理由ですが、それだけではないようです。

過日、氷点下の佐賀平野での早朝、薄雪が降ったかのような一面の霜。
一面に咲く雪花畑のような景色に感動を覚えました。
春には草花や生き物たちの息吹を肌で感じます。
夏には、湖面を吹き抜ける涼風に体が癒され、秋には棚田に咲く曼珠沙華に心を奪われ・・・・・・・・日常の暮らしの中では味わうことのない満ち足りたもの「豊かさ」を感じているのでしょう。
もしかしたら、これが最大の魅力かもしれません。

自然との関わりを通して感じる豊かさ。物やお金ではない、「心の豊かさ」をどこかで求めているのかもしれません。
還暦を過ぎ、あらためて「豊かさ」とは何かを考え始めています。
それは還暦ではなく「感暦」かもしれません
 
担当:地域福祉部 C
2010.02.19 Fri l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
私の住んでいるところを少し紹介します。

隣には一人暮らしのおじいちゃんが住んでいて、趣味は野菜作りです。庭の木もたくさんあって、メジロやウグイスが飛んできます。ウグイスは、初めは「ホーケギョケギョ」と鳴きますが、次第に「ホ?ホケキョ」と上手に鳴けるようになります。ウグイスの鳴き声を聞くと、「春が来たなぁ?」とちょっと幸せな気持ちになります。隣のおじいちゃんが手作りの野菜をくれるときは、スーパーの買い物袋に野菜を入れ、それを棒の先にぶら下げて塀越しに渡してくれます。塀がかなり高いので、こちらが受け取る時は、塀に立てかけているハシゴを使って受け取ります。

次は隣のおばあちゃん。数年前に亡くなる前までは、隣のおばあちゃんの家にはお友達が集まりおしゃべりを楽しんでいました。曜日が決まっていたようで、雪が降るような寒い日も集まっていたと友達に教えてもらいました。後から知ったのですが、その集まりには私の友達のおばあちゃんも参加していたそうです。

校区では、夏祭りや運動会が小学校の運動場であります。昨年はどちらにも参加しました。
町内でも行事が盛んで、花見、夏祭り、餅つき大会などがあります。会場は家の近くにある会館と隣接する公園です。公園には大きな桜の木が何本かあり、花見のシーズンはとてもきれいです。行事で使用したゴザとテーブルは、そこに来た人が利用できるように数日そのままにしてあります。ありがたいですね。

夏祭りは公園に提灯が飾りつけられ、ビールの早飲み大会やプレゼントの抽選会など盛り上がります。私の娘は、夏祭りに浴衣を着て、わたあめとスーパーボールすくいをするのを毎年楽しみにしています。
会場では、近所の小学生が娘の面倒をみてくれるのでとても助かっています。

小学生になったら、近所のお姉ちゃんと一緒に小学校に通うと楽しみにしている娘。本当にありがたいなぁ?と思います。

担当:福岡県共同募金会福岡市支会 I
2010.02.15 Mon l 共同募金会 l コメント (0) トラックバック (0) l top