10年位前から、趣味と実益を兼ねて早良区にある妻の実家の近くで野菜づくりに励んでいます。
週末になると、鍬や鋤を愛車に積み込み、鶏フン堆肥の匂いに目をしばしばさせながら、20分程の道のりを出かけます。
若い頃は草野球が中心の土日でしたが、今はバットを鍬や鋤にかえて日頃の運動不足を農作業で補っています。
近所の農家の方に教えてもらいながら、基本的には有機肥料・無農薬の野菜づくりを目指しています。
苗を植え、雨が降らなければ水やりにせっせと通い、雨が降り続けば病気を心配し、天候に一喜一憂する毎日です。
スーパーで買った方がはるかに安いのですが、手間ひまかけて育てた旬を味わうことができるのも野菜づくりの楽しみ。
         手塩にかけて育てたアイコ(ミニトマト)           みずみずしいオクラ
しかし、山里に近いせいかイノシシやアナグマが出没し、せっかくの収穫物を横取りされこともたびたび。
一昨年は、サツマイモと山芋が収穫直前に全滅。今年は、ジャガイモと里芋がすでに一部被害にあいました。
山間部の乱開発や異常気象により動物たちの食料になる木の実などが少なくなっているためでしょう。
「人間と動物が共存する社会の実現に寄与している」などと自分なりに勝手な理由を付け、納得するようにしています。

今年の夏は暑かったせいか、畑の脇に咲く彼岸花は10月上旬が満開でした。
そのあやしく燃え盛る彼岸花に囲まれて、シソの実を収穫。
きれいに洗ったものをアク抜きのため一晩水にさらし、赤トウガラシの輪切りと一緒に醤油漬けにします。
紫蘇の実の醤油づけ
これは我が家の保存食の一つで、焼きおにぎりや冷奴の上にのせると絶品。
ついつい焼酎が進みます。
今年は去年のシソの実が落ちて自然に生えてきた、いわゆる天道生えというもの。
つまり、それは自生植物であり、我が家の食生活に大いに寄与しているのですから、正真正銘のボランティアなのです。
このようなつまらないことを考えながら、次は何をどこに植えようかなと思いを馳せる今日この頃です。

担当:地域福祉課 T
2010.10.26 Tue l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10月の上旬、宮崎に行ってきました。
     知事1      宮崎1
?中学の修学旅行 (青島・日南海岸・サボテン公園など)
?女性民生委員の研修随行 (ホテルフェニックス)
?両親を連れての家族旅行(青島・日南海岸・鵜戸神社など)

と、言うわけで宮崎市周辺への訪問は、4回目です。
最後に訪れて、16年ぶりでした。
この間、訪問の機会は幾度かあったのですが、自ら避け続けていました。
何故なら、宮崎が嫌いだったのです。

私には、兄がいました。
兄は、平成7年4月に、宮崎市に単身赴任しました。
半年後の10月に、胃ガンを発病。
1年後の平成8年10月に、私のたった一人の兄は、50歳でこの世を去りました。
宮崎にさえ行かなければ・・・。
宮崎が兄を奪ったような、気がしていたのです。
だから、私にとって宮崎は、ずーと近づきたくないところだったのです。

今年、宮崎は、口蹄疫問題で大変な状況におかれました。
連日の新聞やテレビの報道に、何故か私は、他のどんなニュースより気がかりで、注視しました。
我が子のように育てた牛や豚をすべて殺処分しなければならなかった畜産農家の苦しみや、そのことに端を発する県民の苦境、なかなか終息しないあせりなど、つらくて重い5ヶ月だったと思います。

時がたつにつれ、宮崎に対する私の気持ちに変化が、起こっていました。
宮崎は、兄を奪った町ではなく、兄が最後にお世話になった町なのだ。と思うようになっていました。
その町の人たちが、苦しい思いをしている。私に何ができるのだろう。

共同募金での義援金の募集の際は、早い復興を願うと共に、お礼と感謝の気持ちを込めて、心ばかりですが、寄付をさせていただきました。
今回宮崎を訪問したのも、口蹄疫が終息した今、一日も早い再生を願ってのことでした。
 
「がんばろう! 宮崎」     「フレー!フレー! 宮崎」
               旗1

担当:福岡県共同募金会福岡市支会 T
2010.10.13 Wed l 共同募金会 l コメント (0) トラックバック (0) l top
皆さん!『 趣味ありますか? 』

私はいろいろあります。最近は(遅すぎなんですが…)、韓国にどっぷりとはまっていて、毎日、韓国ドラマにK?POP。
トイレに入ったら韓国語の本を開く。
韓国の人とすれ違うとつい振り返る。でも、話しかけたりは出来ない…。
もちろん話の内容も???
夕食の買出しに行けばキムチを吟味。
世間がヨンsamaで盛り上がっている時は、
「えっ?韓国?ドラマ?面白いとぉ??ふ?ん」という程度だったのに!!

なにげなくタイトルに惹かれて見た、韓国ドラマで火がついて、食事の支度も、スピードUPの簡単料理(麺やどんぶり)が多くなり、掃除も洗濯も少々おろそかに。
主人も娘も巻き込み、結果、長女は韓国の人と結婚すると言い始め、次女はK?POPを聞きながら勉強(のはず)。
主人と私は、録画してる韓国ドラマを深夜まで見て辛い朝を迎え、あーでもないこーでもないとドラマの今後の展開を予測。
もう10年若かったら今日本に居ないかもなぁ?と妄想が広がって、娘との会話はガールズトークへと発展している現実逃避なアラフォーです。

他にも趣味は沢山!全て indoor ですが…。
ミニチュアが大好きで食玩を大人買い。
おもちゃ売り場でガンプラを見て(プラモ全般好きですが)、お休みが続く時は部屋の片隅にある創作コーナーでかごを編み(エコクラフト・籐)、年に二回のバザーに出店。家中かごだらけ。完成品を見て自己満足。
姫が二人いるのですが、家族みんなゲーム好き。
で、カラオケやwiifit・格ゲーやテーブルゲーム・ロープレなどなど…
教育的にはいかがなもの?と問われると、ベストな返答ではないとは思いますが、コミュニケーションだけは取れ過ぎてますから…と。
趣味を共有しているので、皆が同じ話題で盛り上がり、会話と笑いは絶えることのない家であることは自慢かな?♪
  八田1   八田2

もちろんPCも(独学ですが)主人が得意なことも有り、妹家族が海外に住んでいた時は、実家と我が家と三軒中継で(ライブカメラ有)チャット。娘の友達とピグ友。
主人と姫(要するに私以外)は絵が得意なので、原型を書いてもらって一緒にぬいぐるみ作成したり…。
ファミサポブログの絵も娘に依頼。将来は億を稼ぐ漫画家になってくれるのか。

要するに我が家はおたく一家という事で…〆にしたいと思います。

担当:ファミリー・サポート・センター H
2010.10.05 Tue l ファミリー・サポート・センター l コメント (0) トラックバック (0) l top