あんしん生活支援センターのTです。
ブログの記入は久々です。
今回は、今年度開催した「日常生活自立支援事業」の登録サポーター養成講座について書きたいと思います。

この講座は、今年度始めて開催しました。
「登録サポーター」とは、「日常生活自立支援事業」(事業内容は、ホームページを参照ください)の支援を行う人を養成する目的で7月、10月、1月(それぞれ2日間)に開催しました。
3回の講座の合計は、申込者101名、登録者60名でした。

現在は、12名のサポーターが活動を行っています。
※1月に登録したサポーターは、まだ活動紹介を行っていないので、実質は34名の登録者のうち12名が活動中です。

講座の中身はというと、「社会福祉協議会とは」から始まり、「認知症や、知的、精神障がいについて」など講義が中心です。

その中でも、特に好評なのが、職員が行う「ロールプレイング」です。
実際の支援の状況を職員がそれぞれの役に扮して行います。
配役は、次の通りです。
「サポーター」、「利用者」、「区社協職員」、「ホームヘルパー」、「銀行員」、「ATM」

一応台本はあるのですが、練習は1?2回程度で、アドリブ満載。
実際の現場を忠実に再現する熱のこもった演技を披露され、
「具体的でわかりやすく楽しかった」、「私にもできるかもと思わせてもらった」などの意見をいただきました。

ちなみに・・・「ATM」も機械音を忠実に再現しています。

本講座は、サポーター養成という目的だけでなく、市民の方への「社協事業のPR」の目的もあります。
登録する・しないに限らず、この講座を通して、社協が地域で果たす役割を理解していただき、地域活動を始めるきっかけになればと思います。

来年度も開催(市政だより・ホームページで募集)しますので、興味のある方は是非お申し込みください。

担当:あんしん生活支援センター T
2011.01.31 Mon l あんしん生活支援センター l コメント (0) トラックバック (0) l top
 最近はめっきり冷え込んできていますが、私は新年早々風邪をひいてしまいました。
それで年始はおとなしく寝ていたので、そんなに長引きませんでしたが。

 新年が明けて成人式の日、朝から雪がちらついて、雪は小雨にかわりましたがとても寒かった日、人生で初めて「握手会」なるものに参加してみました。
 寒い日にもかかわらず参加したのは数千人、熱烈なファンの方々に混じって朝から長時間ならんで14時すぎにようやく握手会。かなり浮き足立ってしまいました。
たまにはこういう非日常的なイベントに参加するのもいいかな、と。

 さて、テンションがあがったので思わず書いてしまいましたが、今日はその話ではなく、趣味の話。

 今まで、趣味らしい趣味というか人に言えるような趣味を特に持ち合わせていなかったのですが、最近、囲碁を始めました。

 囲碁って、それまではルールもわからなかったし、きっかけもなかったので碁盤や碁石に触れる機会といったら「五目ならべ」くらいだったのですが、友人から「最近囲碁を始めたけど、面白いからお前もやってみたら?」と進められて、最初はそんなに乗り気じゃなかったのですが、いずれは対局もしたいし、始めてみない?と誘われて・・・。
 それならばやってみようか、という感じで始まったのが昨年の夏ごろでした。
 しかし本当に何もわからないので、囲碁のルールがわかるようなテキストと、あとその友人は近くには住んでいないので対局しながら覚えていく、というのも難しいので、一人でも囲碁が打てるように囲碁のゲームソフトを購入していざ学習!
           囲碁

 でも、想像していたほど囲碁のルールはそれほど難しくなく、基本的な5つほどのルールを知れば碁石の動かし方はわかる、というように意外と取り付きやすいことに気づいて、まだまだ弱いながらも楽しんで打っています。
ゲームソフトは対局相手になるコンピュータの強さが選べるのですが、弱いレベルで対局して何とか勝てる程度です。
 友人とも対局をしました。戦績は四勝十数敗と思いっきり負け越しましたが。

 いつの日かもっと上達して、趣味ということにとどまらず、地域の方々とのコミュニケーションの一つとしても考えられるくらいになれたらいいな、なんて野望もありますが、まだまだまだまだ先の話ですね。

担当:生活福祉課 I

2011.01.17 Mon l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top