8月4日(土)午後、福岡市社会福祉協議会福祉協議会の職員2名が、被災地での災害ボランティアセンターの運営支援に従事するため、福岡県八女市に向かいました。
 今回の派遣は、九州北部豪雨に伴う被災地支援としては第4陣で、八女市には2チーム目です。
 
 八女市水害ボランティアセンターは、7月の下旬に立ち上がり、約2週間が経過しましたが、ボランティアのマッチングでの混乱があったり、道路の通行止めなどによりニーズ把握が困難であったり、まだまだ大変なことも多いようです。
 今回派遣された職員UとIからは、細かな報告書や写真が届き、私たち事務局でもその大変さを感じています。

             説明   
           朝、受付前のボランティアへの説明をしているところです
      
                マッチング
                   マッチング班になりました

 夏休みを迎え、学生や社会人の方もたくさん来られているようです。足元が悪い中、一生懸命に泥のかき出しをしてくださり、本当にありがとうございます。

 福岡市社会福祉協議会からの職員派遣は、このクール(~8/7)でひとまず終了しますが、今後も、現地の復旧のためにお手伝いできることをしていきたいと考えています。


担当:総務課 E
2012.08.06 Mon l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 7月17日13時45分、福岡市で震度6の地震発生!(もちろん“想定”です)
 10分後、「福岡市災害ボランティアセンター」立上げの指示が出され、市民福祉プラザ1階に同センターを設置。…という災害ボランティアセンターの立上げのシミュレーションを行いました。今回のシミュレーションの目的は、初動体制の確認と検証です。
 
 災害支援ボランティアの方々34名の参加協力のもと、ボランティア受付、ニーズ受付、マッチング、総務、調整、資材・送迎の各部署をセッティングし、マッチング班の活動紹介スペースには具体的なニーズや各区防災マップ等を掲示しました。各部署の役割を確認し、社協職員及びボランティアで災害ボランティアセンターのイメージを共有できた有意義なシミュレーションとなりました。

 一方で、資材や役割分担、指揮命令系統などにおいて準備不足もあり、様々な課題も残りました。今後は、課題を解消するために、さらに他機関との連携を進めながら、回数を重ねていきたいと思います。

              H24災害ボラセンシミュレーション 074

 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


担当:ボランティアセンター Y
2012.08.01 Wed l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top
 8月1日(水)15時30分、福岡市社会福祉協議会福祉協議会の職員2名が、被災地での災害ボランティアセンターの運営支援に従事するため、福岡県八女市に向かいました。
 今回の派遣は、大分県竹田市、八女市星野村に続き、第3陣となります。

 出発に先立って行われた「出発式」では、支援にあたる職員MとIが「西方沖地震のときに支援してもらった恩返しをしてきたいと思います」「窓口にボランティア保険の申込みに来られた方たちと現地で会えるかもしれないので、しっかり頑張ってきます」との決意の言葉を述べました。

 現地では、災害ボランティアセンターにて、ボランティアの受付や調整等を行う予定です。

            mutou.jpg 
               職員Mと職員I 「がんばってきます!」
 

担当:総務課 E
2012.08.01 Wed l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top