福岡市ボランティセンター登録ボランティアグループ「視覚障害者友情の会」の皆さんは、昭和41年から約半世紀にわたり音訳ボランティア活動にご尽力されてこられましたが、その永年の活動が認められこの度、緑綬褒章を授与されました。

先日5月15日(金)には厚生労働省で春の褒章伝達式が行われ、その後、皇居宮殿にて天皇陛下に拝謁されました。
「視覚障害者友情の会」のグループの皆さん、本当におめでとうございました。

音訳ボランティア活動は、情報誌など文字情報を朗読し、その音声化したテープやCDを視覚障がい者に届ける活動です。この活動は、必要とされる方々に正確に、そして、わかりやすく伝えるという「責任」が伴う活動です。

このボランティア活動を継続していくなかで、いろいろなご苦労があったのではないかと思いますが、それ以上に新たな出会いや学びなどお金に替えられない経験があったのではないでしょうか。

緑綬褒章心よりお祝い申し上げます。

これからも、皆さんのさらなるご活躍をお祈りいたします。

ブログ1

【代表の川崎さん】

(ボランティアセンター:M)
2015.06.11 Thu l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top