8月20日(木)に『第2回福岡市地域包括ケア推進フォーラム』が開催され、参加しました。
 第1部の基調講演では、東京都立川市のNPO法人「高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会」の取り組みについてお話を聞きました。
高齢になっても住み慣れた地域で安心して暮らすために、人のつながりが生まれる仕掛けとして始めたレストランや配食事業、いろんな人が集うフリースペース事業など、住民の要望から生まれた様々な取り組みを教えていただきました。
 印象深かったのは、「どんなに忙しくてもやっていることを見直す(検証する)ことが大事。仕事は増えるが定期的に取り組みを記録として残し(記録集を発行)、それによりミッションの共有、新たな担い手の育成にも役立てている」という言葉でした。
 私たちも日々の仕事に追われがちですが、「見直す」ことがないと良い仕事ができない、住民に必要とされる社協としての役割を果たせないのだと、改めて考えさせられました。

 第2部ではNPO法人ドネルモから全国の先進事例の紹介がありました。その中で、福岡市内の先進事例として、東区の城浜校区の取り組みについて発表がありました。
城浜校区社協の平川正之会長からは様々な社会資源を巻き込んで地域ぐるみで取り組む見守り活動についての話を、城浜団地7区町内会の井上裕美子会長からは町内で取り組む生活支援活動についての話を発表され、会場にいる方々は身近な市内の取り組みに、熱心に聞き入っておられました。

ぶろぐ


城浜校区は平成23~25年度に福岡市委託事業「地域福祉ソーシャルワーカー・モデル事業」のモデル校区で、当時、私が校区を担当させていただいたのですが、活動者の方々に久々にお会いできるのも嬉しく、またモデル事業終了後も「見直し」を繰り返しながらバージョンアップした活動が続けられていることに、感銘を受けました。
 なお、城浜校区社協の見守り活動は、平成27年3月20日に「平成26年度福岡県ひとり暮らし高齢者等見守り活動に関する県知事表彰」を受賞されています。

 (地域福祉課:M)
2015.08.26 Wed l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ふくふくプラザ正面玄関に待望の
総合図書館返却ポストが設置されました!!
 
以前より、利用者の皆様からの要望がありました、総合図書館返却ポストが設置されました。
2階福祉図書・情報室カウンターでの返却に加え、総合図書館・各区の図書館等でお借りになった本を返却ポストでも返却していただけます。どうぞご利用ください。

利用時間 午前8時半~午後9時
       ★ただし 第3火曜日及び12月28日は午後6時まで利用できます。
        年末年始 12月29日~1月3日は利用できません。
  注意   DVD、CD、ビデオ、カセット、及び他市等図書館からの取り寄せ資料は
       返却できません。お借りになった図書館等へご返却ください。

ふくふくプラザ福祉図書・情報室でお借りになった本は、総合図書館・各区の図書館、
アミカス図書室等で返却できます。
※福祉図書・情報室以外へ返却された場合は、本の回収後に返却処理します。

スタッフの声
「今まで以上に近隣の市民の皆様にも、図書室が身近な存在になれたら良いな
と思っております。(s)」
「今後も市民の皆様の声に耳を傾けて市民サービスに努めていきたいと
思います。(O)」
 「便利に使って下さい。(F)」
「皆さんのご利用をお待ちしています。(C)」

☆ 正面玄関入ってすぐ右側です。
ポスト



(図書・研修係:S)
2015.08.21 Fri l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年は、終戦から70年という節目の年に当たります。

 皆様もご存知だと思いますが、福岡でも昭和20年6月19日福岡大空襲で多くの方がお亡くなりになりました。
福岡市社会福祉協議会では、福岡大空襲による戦災死没者及び海外から引揚の途中死没された方々のご冥福を祈り、併せて恒久平和への誓いを新たにするため、昭和40年より毎年、博多区冷泉公園にて「福岡市戦災引揚死没者追悼式」を執り行っています。
 50回目となる今年の6月19日は、約300人の方々にご参列いただきました。
IMG_1033 (640x480)

博多小学校児童による作文朗読や、遺族代表者の謝辞、参列者の方々からの献花等を行いました。参列者の中には涙を流される方もいらっしゃいました。
 遺族代表の方の謝辞の中に「今日のこの平和で豊かな日本は、多くの犠牲の上に築かれたのだということを決して忘れることなく、家族や身近な人を奪い、人生を変えてしまう戦争の悲惨さを風化させてはいけない」との言葉がありましたが、食べられること、雨風をしのげる家があること、大切な人がそばにいること、命が脅かされていないこと…当たり前であるけれども当たり前ではないということに感謝しないといけないと思います。そして、自分のことだけを考えて行動するのではなく、思いやりの心を持つことも大切なことだと感じることができました。

 冒頭にも書かせていただきましたが、今年は、“終戦から70年”という節目の年に当たります。皆様は、戦争について、平和について、どのように感じていますか。毎日過ごしていく中で、何に感動し、何に感謝していますか。時には振り返って考えてみるのもいいのではないでしょうか。

IMG_1066 (640x480)

tuitousikiburogu3.jpg

(総務課:M)
2015.08.14 Fri l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
平成27年6月16日、株式会社友心様との「セカンドライフ応援隊~ずーっとあんしんこれから人生~」の覚書調印式を行いました。
内容は友心さんへお仕事(遺品整理、特殊清掃)の依頼が一件あるごとに本会が実施している「住まいサポートふくおか(福岡市高齢者住まい・生活支援モデル)事業<HP>」へ応援寄付を頂くというものです。

株式会社友心様が行う「友心まごころサービス」は、大きく分けて3つの事業から成り立っており、ご遺族に代わって遺品を仕分け・処分する「遺品整理」、孤立死・自殺・ゴミ屋敷等の残置物除去、清掃、除菌、消臭 (脱臭) を一貫して行う「特殊清掃」、残された遺族に負担をかけないよう生きているうちに自ら身のまわりを整理する「生前整理」に対応されています。
その他にも、一般家庭向けの清掃代行サービス (ハウスクリーニング) やリフォームなども行っています。

覚書調停式の時に代表の方とお話する機会があり、ある男性の遺品整理中、枕の中から先立たれた奥様へのお手紙が出てきて、遺族であるお子様方が初めて、無口だったお父さんの本心を知ったエピソードなどを話してくださいました。「遺品整理の仕事をすればするほど『向き合っているのはただの部屋ではなく一人の方の人生そのものだ』と実感している」の言葉が印象的でした。


友心まごころサービス
http://yushin-magokoro.com/

yuusinn


寄付つき商品とは
http://www.fukuoka-shakyo.or.jp/contribute/product.html

(総務課:S)
2015.08.12 Wed l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top