平成27年12月6日(日)~12月12日(土)の1週間、トヨタ財団2015年度国際助成プログラム「地域高齢者保健福祉サービスの指導者養成プログラムの国際調和化」のメンバーとして、特定非営利活動法人AABC理事長である小川全夫先生、九州大学准教授の小川玲子先生、麻生教育サービス株式会社の田口幹生氏に同行させていただき、インドネシア視察研修に行ってきました。

インドネシアは高齢化率は5%台と低いですが、人口は世界第4位であるため高齢者人口は少なくありません。
年々高齢化は着実に進行しており、都市部では単身世帯が増え、地域での孤立という課題も出てきています。

インドネシアでは首都ジャカルタ、古都ジョグジャカルタ、ソロという3都市を訪問し、高齢者の保健福祉を研究している大学教授やら政府関係者とのディスカッションのほか、介護現場で働くケアワーカー、そして社協の地域福祉ソーシャルワーカーと似た役割であるソーシャルワーカーの方々との交流などに参加しました。
ディスカッションは全て英語…。
普段は仕事で博多弁は雄弁であっても英語は学生時代以来20年ぶりで、通訳をしていただきながら必死に話についていきました。

indonesia1.jpg

また、ジャカルタでは高齢者の入所施設の見学や保健福祉分野での活躍をめざしている大学生との交流、ジョグジャカルタでは介護予防や在宅高齢者の介護・生活支援に取り組んでいる現場(村)の視察、ソロでは夫が妻を自宅で介護しているという方のお宅に訪問させていただき、生活の様子をお聞きするなど、貴重な機会をいただきました。

日本では世界のどの国も経験したことのない「大介護時代」を迎えようとしており、2025年を見据えて地域包括ケアの構築が進められています。
社会福祉協議会は「誰もが住み慣れた地域で自分らしく暮らせる福祉のまちづくり」を目指して日々地域福祉活動の推進に取り組んでいますが、様々な取り組みや支援の手法は世界の国々にとっても参考になる内容なのだと改めて実感しました。

高齢化はもはや日本だけの問題ではなく世界の問題です。
地域のつながり・人と人とのつながりを大事にし、その人のもつ力を引きだし、その人らしい生活ができる地域を作っていく社協の仕事、「ふれあいサロン」「ふれあいネットワーク」のほか「生活支援Voグループ」「家族介護者交流会」「買物支援」などの支援メニューや、最近特に力を入れている社会資源と協働した地域福祉活動の展開手法も、他国にとって参考になるものだと思います。

今回、社協地域福祉ソーシャルワーカーの機能・役割は国を越えて必要とされているということが分かり、自分の仕事に誇りを持つとともに、さらに自己研鑽し知識・支援スキルを高め、人脈も広げていかねばという強い意欲が湧きました。

indonesia2.jpg



地域福祉課:M

2015.12.28 Mon l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
年末にやることの一つに、『大掃除』があります。

掃除をすると未使用のお歳暮や古本、古着などを処分することがあると思います。
そのようなものは、使いみちによっては、子どもや高齢者を支援する施設・団体の活動として役立つ場合があります。
市社会福祉協議会ボランティアセンターのホームページには、バザー用品の募集情報や収集ボランティア情報なども掲載されていますので、一度掃除の前にご覧になられてはいかがでしょうか。
kankyo005.jpg



福岡市内の社会福祉施設によるバザー用品などの募集一覧

また、書類を整理する際に、溜まった請求書、例えば携帯会社の明細書を見ると、ポイントが付与されているものもあります。中には、事務用品や充電器のバッテリーとして交換できるものもあります。
ポイントと言えば、ニモカや、はやかけんといったIC乗車券にもポイントが加算されている場合があります。これを機に交換・換金を検討してみてはいかがでしょうか。

デンワ

(総務課経理係:M)
2015.12.25 Fri l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
巷では歳末たすけあいの街頭募金が始まり、宝くじを求める長蛇の列も出現した12月4日(金)、なにやら、美味しい企画があるらしいとの情報を得て、福岡市中央区大手門にある“新日本製薬株式会社”本社におじゃましてきました。

向かった先は最上階(12階)のカフェテリア(社員食堂)!なんと大濠公園を真下に見下ろせる最高のロケーションです。
最初に目に飛び込んできたのが社員食堂入り口に掲げたこの横断幕。 
   
キョウボブログ1

11月30日(月)から12月4日(金)までの間、シェフ手作りのスイーツが日変わりで登場し、1個50円のデザートの売上金全額と、社内(本社、赤坂オフィス、東京支社他、関係事業所)に設置した募金箱に集まった募金を共同募金に寄付しようという企画なんですって。
しかも連日、デザートは完売が続いているそうです。
社員さんが美味しく募金できる素敵な企画に感謝します(^o^)丿

この日のデザートは『とろけるプリン』。ネーミングも美味しそう~。

  キョウボブログ2
                プリンの横には赤い羽根が!

12時を過ぎると、社員食堂は徐々に社員さんで一杯になってきました。
キョウボブログ3
        
ほとんどの社員さんがプリンを買い求めています。意外と男性社員の姿も多く、思わず隣で「ありがとうございました。」と言いたくなる衝動に駆られる私。
この日、130食用意されたプリンたちは、みるみる売れていきました。
                 キョウボブログ4
キョウボブログ5

笑顔が素敵!デザートde赤い羽根男子のみなさん

この企画は後藤社長の発案を元に、広報室の皆さんと社員食堂のシェフがアイデアを出し合い、実現に至ったとのこと。
新日本製薬株式会社のみなさん、共同募金へのご協力、本当にありがとうございました。

新日本製薬株式会社HP

新日本製薬株式会社HPこの企画の詳細はこちら 

(共同募金会:E)
2015.12.10 Thu l 共同募金会 l コメント (0) トラックバック (0) l top