8月2日(火)、福岡県立大学 社会福祉学科 准教授 村山浩一郎氏、 総合ケアセンターたいめい苑 管理者島﨑 剛氏のお二人を講師に迎え、地域とのつながりをテーマとした講座を開催しました。

この講座は、今年度、新規研修として実施したものです。
地域福祉実践の意義や効果、高齢者の孤立、買い物弱者、生活困窮者世帯の子どもの生活等「生活困窮」の問題を抱える人たちに対する取り組みについて講義を受けた後、参加した福祉施設職員の皆さんが、自分たちの強みから地域の課題解決を目指した演習を通じ、「地域とのつながり」をどう構築するか共に考えました。

参加者のアンケート結果では、理解度95%以上とかなり満足度の高い講座となりました。

【参加者の声】(アンケートから一部を抜粋)
・ 地域とのつながりをどう構築していけば良いか?会社としても考えている段階だったので、座学、実践、報告、グループワークそれぞれに参考になりました。
・ 「地域」という幅広い分野で貴重な実践の話や仕組みの話が聞けて良かったです。
・ 地域と事業所が両輪になって地域全体を支えていく重要性が分かりました。
・ 生活支援グループを施設と協力しながらつくりたい。自分の職場の強みを見つめ直すきっかけになった。
・ この講習をもっとたくさん、いろんな場所でして頂く必要があると思います。絆づくりのために。
・ 「地域とのつながり支援について」継続的な研修があればと思う。(複数意見)


たくさんの方のご参加、ありがとうございました。
今後の研修にも是非ご期待ください。
(図書・研修係 H)

図書ブログ1



図書ブログ2
2016.08.26 Fri l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top