夏の猛暑も収まり、朝晩はひんやり涼しくなりました。
通勤電車の中ではクシャミがよく聞かれます。

先日の9月15日は中秋の名月でしたが、
あいにくの曇天で私は見ることができませんでした。

dango1.jpg

月は見えなくても、お月見団子はおいしい(^^♪

秋といえば、「○○の秋」という言い方をよく耳にしますね。
市民福祉プラザには福祉・図書情報室があり、私は休み時間によく遊びに行きます。
そこで最近、関家新助著『西洋哲学思想と福祉』という本に触れました。

福祉の技術論や事例紹介とはずいぶん趣きの異なる、
福祉原論ともいえない、西洋の長い歴史と思想から見えてくる人権や福祉のはなし。
人間とは、国家とはなにか。
資本(財産)の威力とどう向き合えばいいか。

これらのことは、そのまま現代日本の社会問題につながります。
個人情報の保護と個人の権益保護というジレンマ、
貧富の差が拡大し、経済的不平等が次の世代にわたって固定化すること、等々。
どれも難しい問題ですが、各人がそれぞれの考え方や風土を踏まえた議論をしなければ、進歩はないと思います。

さて、読書以外にもスポーツや食欲、映画の秋など、いろんな秋があります。
皆さんはどのような秋を楽しみますか?


(地域福祉課:Y)
2016.09.21 Wed l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top