福祉についての図書や雑誌、DVD等を収集し、閲覧・貸出しを無料で行っています。
福祉の専門職の方は、さらなるスキルアップを目指していただき、福祉になじみのない方は、一般の新聞(西日本、読売など)や、手に取りやすい福祉についてのマンガ、入門書として手軽に読める本、子ども向けの絵本などで、書物に触れるのはいかがでしょう。

西公園、大濠公園へのお散歩のついで、研修・講演会・会合の帰りに、ぷらりと立ち寄って、ぱらりと本をめくると、知らなかった世界を垣間見ることができるかもしれません!?  

【図書室ってどんなところ?】

図書①


(利用について)

閲覧のみならば・・・カード登録は不要、自由に閲覧可
貸出希望ならば・・・カード登録が必要(氏名と住所が確認できるものをご持参下さい。どこにお住まいの方でも登録可。)
             返却は福岡市内の図書館でも可。
貸出期間: 2週間 (延長したとして最大4週間)
貸出冊数: 5点 (ビデオ・DVDは内、1点)
開室時間: 10:00~18:00 (毎月第三火曜は休室)
    電話: 092-731-2946 ふくふくプラザ福祉図書・情報室
http://library.fukufukuplaza.jp

(子どもの本コーナー)

図書②

懐かしの絵本だけでなく、点字絵本もあります。
文字でなく、絵を点で表現・・・どんなものか見たことありますか?

(福祉の学校・資格コーナー)

図書③

 
資格取得のための問題集・過去問もあります。

【おすすめ図書案内】

『ツレがうつになりまして』シリーズ
細川貂々/著    幻冬舎
『みつえばあちゃんとボク」
   岡野雄一/著  西日本新聞社

・・・手軽に読めるコミックエッセイです。

『被災ママ812人が作った子連れ防災手帖』
つながる.com/編 メディアファクトリー

・・・震災に直面したとき、どうやってわが子を守ったか? 東日本大震災で被災したママたちの体験談を紹介。それらをもとにした親子の防災対策をまとめてあります。
2017.08.23 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
6月19日(月)冷泉公園にて、52回目となる福岡市戦災引揚死没者追悼式を開催しました。
 当日は、夏のような日差しが照り付ける暑い中、約270人もの方々にご参列いただきました。
 戦後72年目を迎え、100歳を超える遺族の方も参加されていました。
「来年も元気であればぜひ参加したい」と、この追悼式を1年の節目として大切にされている思いや平和への切なる願いを感じました。
 遺族代表者の謝辞に「若い世代の人にはこの戦争について知ってもらい、自らの生き方を変えるきっかけにし、周りの人みんなと力を合わせて日々の生活を大切に生きてほしいと願います」との言葉がありました。自己を振り返ると、仕事や雑事に追われて毎日が流れるように過ぎていく中、日々の平穏な生活を大切にするどころか「あたりまえ」ととらえてしまっていることに改めて気づかされました。
 「戦争」のことを思うと、平穏な生活を送れること自体とてもありがたいことですよね…。これからはまず、自分の状況に感謝するとともに忙しい毎日の中でも小さな楽しみや喜びを見つけ、家族や周囲の方と分かち合って毎日を大切に過ごしていきたいなと思います。
追悼式

追悼式2

2017.08.03 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top