経理係に勤務して早や3年。初めての業務で戸惑うことも多かったですが、係長以下3名で、日々市社協のお金の管理等をやっています。
 思うことは、市の補助金が年々減額になっている状況の中、予算編成が厳しい状況になっているということです。
 そのような中、インターネットバンキングの導入などにより事務の簡素化や後納手数料等のコスト削減につながる工夫をしています。

 一方、収入を増やすために賛助会費や寄附金等の独自財源の確保を強化しようということで、25年度から「社会福祉法人への寄附金の税額控除制度」の認定が受けられるように努力しているところです。
 その条件として、平成23~24年度の2年間で、1口3千円以上寄附(賛助会費)をした人が、年平均100人以上いれば申請することができます。
 この認定を受けると、年末調整後の税額から直接控除が受けられるため、寄附者に対する税制が今まで以上に優遇されます。そのため、新たな寄附者が増えることも考えられ、これまで以上に地域福祉活動への財源に充てることが可能になります。
(詳細についてはこちらをご覧くださいhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/dl/08.pdf
寄附等でご協力いただいた現在の件数がわかる表を経理係の後ろの壁に貼り、目標の数に近づくかどうか、気をもむ毎日です。

                  会費

 この財源は、地域福祉研修事業等にも活用されるものですので、ぜひ皆様方のご協力をお待ちしております!!


担当:総務課経理係 M
2012.09.27 Thu l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/106-ffe77be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)