9月1日から毎週土曜日、3回シリーズでガイドボランティア養成講座を実施し、15日をもって無事に閉講しました。
 ありがたいことに定員を上回る申込みがあり、最終的に22名が参加されました。
 
 ガイドボランティアとは、視覚に障がいのある方が趣味や買い物などで外出されるときに、介助をするボランティアです。
 この講座は、本会ボランティアセンターに登録しているボランティアグループ「風車」協力のもと、年に1回開催しています。
                  ガイドボランティア講座

 初日は外部講師による障がいやその支援方法に関する講話。
 2日目は、初日の講義を受けての実技。2人1組のペアが、ガイドをする役・される役になり天神へ向け出発しました。
 利用する交通手段は、地下鉄とバス。「普段何気なく乗っている乗り物が、立場を変えるとこんなにも不便なものなのか…」受講生の中からこのような言葉が漏れていました。
その後、イムズにある日産福岡ギャラリーの展示車をお借りし、ガイドをする際の車への乗せ方も体験しました。
最終日は、ガイドボランティア利用者との交流会と食事実習。食事実習ではお弁当を時計にみたて、「○○時の方向に△△のおかずがありますよ」と、ガイドボランティア利用者へ一生懸命に説明をする姿が印象的でした。

 受講生は、普段なかなか接することのない障がい者との交流や様々な体験をすることで、視覚障がい者の抱えている切実な問題に気付き、またボランティアの必要性を痛感したようです。
 今後、卒業生の多くがボランティア活動に携わって頂けることを期待しています。

 最後にこの場をかりて、今回の講座にご協力頂きました皆様にお礼申し上げます。
 西鉄バス、福岡市営地下鉄、そしてイムズ日産福岡ギャラリーの皆様、土曜日というお客様が多い曜日にご協力を頂き、ありがとうございました。


担当:ボランティアセンター I
2012.09.28 Fri l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/107-554a6a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)