日常自立支援事業は、判断能力が不十分な高齢者や障がい者に対し、福祉サービスの利用援助や日常的な金銭管理を行うことで、地域で安心して生活ができるよう支援する事業です。

 具体的には、利用者の方の通帳・印鑑・大切な書類等をお預かりして、生活費のお届けや公共料金の支払い、役所の手続きなどをお手伝いしています。
 この金銭管理を行っているのが、私たち「専門員」と「生活支援員」です。
 生活支援員は、いつも各区社協で活動しており、なかなか他の区社協で活動する生活支援員とは話をする機会がありません。そのため、お互いの情報交換や福祉サービスの勉強会を兼ねて、2ヶ月に一度情報交換会を行っています。
        
            支援員研修会1

 11月13日の情報交換会では、「年金」をテーマとして、花田社会保険労務士事務所の花田光生氏を講師にお招きし、ご講義いただきました。
 「年金制度全般の概要」「年金の種類」「年金の手続き」など、わかりにくい「年金」の話を、事例を交えてとてもわかりやすく説明していただきました。

 年金の「保険料の納付要件」「カラ期間」「年金免除・猶予期間」など、もらえるはずの年金が、減額になったり、もらえないままになったりすることや、免除の対象でも手続きをしなければ継続して支払い義務が発生することを知りました。

 今回学んだことを、今後、利用者の方の生活がより充実したものになるよう役立てて行きたいと思います。
花田先生からは、「何かわからないことがあったら、いつでも相談してください」と、温かなお言葉を頂きました。
 お忙しいところご講義いただきました花田先生、どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

              支援員研修会2


担当:あんしん生活支援センター N
2012.11.21 Wed l あんしん生活支援センター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/112-a15f87a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)