平成25年6月18日、株式会社ラック様(西日本典礼)との「ずーっとあんしん安らか事業応援プロジェクト」の覚書調印式を行いました。内容は同事業への応援寄付を頂くというもの。福祉活動の財源が年々厳しさを増す中大変有り難いお話です。

 「ファンドレイジング」という言葉を聞かれたことがありますか?特定非営利活動促進法の制定や公益法人改革などにより社会の関心も高まってきている活動です。ファンドレイジングを一言で表現すると、「非営利団体等の事業資金調達」といえます。例えば、難民支援をする際に難民から対価を得ることが当然できないように、社会的に必要であるが対価性のない活動には必須の取り組みです。そのため、孤独死を防ぐ見守り活動、死後事務の代行、認知症高齢者支援等を行う社協にとってもファンドレイジングは不可欠と言えます。

 具体的な取り組み方法としては、企業との寄付つき商品の共同開発を中心に行っています。今回の株式会社ラック様からのご寄付はこの形態で、葬儀1件につき200円のご寄付を頂くというものです。それは同時に企業にとっての社会貢献(CSR活動)となります。

 この覚書調印式の様子は、TNC土曜ニュースファイルCUBEという番組(毎週土曜9:55~)で6月29日放送予定の「ずーっとあんしん安らか事業の特集」の中でもふれられる(かもしれません・・・)ので、興味のある方はご覧ください。
ファンドレイジング
 「ずーっとあんしん安らか事業」についてはコチラ


  あんしん生活支援センター K

2013.06.28 Fri l あんしん生活支援センター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/121-22c3162a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)