9月30日(火) 市民福祉プラザ研修室で行いました。

「福祉相談援助~相談者のよりよきパートナーとして~」をテーマとして、福岡県社会福祉士会所属の社会福祉士 小田一恵様より講演をいただきました。
参加者は市民福祉プラザ内の団体で相談を受けている相談員の方々です。
講師は児童、高齢者、障がい者等の相談、権利擁護と幅広い分野で活躍をされており、豊富な経験の中から話をしていただきました。
「あなたは誰に相談しますか?」「相談する人がいますか?」から始まった「相談員研修会」は、講話の後、各グループで「相談の中で感じたこと」をテーマに協議し、共有してもらいました。日頃の相談活動の中から感じる相談者の気持ち、相談員の悩み等の意見を出し合い、互いを確かめ合うことができました。

講話の中で「自分自身を知る」、「相談員の心の声を聴く」ということが大切との言葉が印象に残りました。最後に、「来談者のためだけでなく、自分も大事にしましょう。」の言葉で研修会は終わりました。
この研修が参加者の皆さまの今後の相談活動に生かされていくことを期待いたします。

 講師の話を傾聴
相談研修1


みんなグループ協議に熱が入っています。
相談研修2

(生活福祉課:K)
2014.10.21 Tue l 生活福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/141-22b8aef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)