8月20日(木)に『第2回福岡市地域包括ケア推進フォーラム』が開催され、参加しました。
 第1部の基調講演では、東京都立川市のNPO法人「高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会」の取り組みについてお話を聞きました。
高齢になっても住み慣れた地域で安心して暮らすために、人のつながりが生まれる仕掛けとして始めたレストランや配食事業、いろんな人が集うフリースペース事業など、住民の要望から生まれた様々な取り組みを教えていただきました。
 印象深かったのは、「どんなに忙しくてもやっていることを見直す(検証する)ことが大事。仕事は増えるが定期的に取り組みを記録として残し(記録集を発行)、それによりミッションの共有、新たな担い手の育成にも役立てている」という言葉でした。
 私たちも日々の仕事に追われがちですが、「見直す」ことがないと良い仕事ができない、住民に必要とされる社協としての役割を果たせないのだと、改めて考えさせられました。

 第2部ではNPO法人ドネルモから全国の先進事例の紹介がありました。その中で、福岡市内の先進事例として、東区の城浜校区の取り組みについて発表がありました。
城浜校区社協の平川正之会長からは様々な社会資源を巻き込んで地域ぐるみで取り組む見守り活動についての話を、城浜団地7区町内会の井上裕美子会長からは町内で取り組む生活支援活動についての話を発表され、会場にいる方々は身近な市内の取り組みに、熱心に聞き入っておられました。

ぶろぐ


城浜校区は平成23~25年度に福岡市委託事業「地域福祉ソーシャルワーカー・モデル事業」のモデル校区で、当時、私が校区を担当させていただいたのですが、活動者の方々に久々にお会いできるのも嬉しく、またモデル事業終了後も「見直し」を繰り返しながらバージョンアップした活動が続けられていることに、感銘を受けました。
 なお、城浜校区社協の見守り活動は、平成27年3月20日に「平成26年度福岡県ひとり暮らし高齢者等見守り活動に関する県知事表彰」を受賞されています。

 (地域福祉課:M)
2015.08.26 Wed l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/158-f1f8b8df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)