10月17日(土)、秋晴れの空の下で行われた東区馬出にある博多女子高等学校の学園祭に行ってきました。

まず驚いたのが、地元商店の出店の多さでした。
各教室ごとに、お菓子やパン等といった食品から野菜、雑貨、衣料品にいたるまで、商店いちおしの商品が並べられていたのです。
その店舗数たるやなんと、29店舗!このような、地域の人と人をつなげる企画って、いいですね~♡
 
 さて、おどおど歩く男子生徒グループ(「ここは女子高、滅多に校内に入れないから緊張するよね」、との声)の横を通り過ぎ、本日の目的、インターアクトクラブの教室に向かいます。
インターアクトクラブとは、高校生の社会福祉・ボランティア系のクラブの名称で、今回の学園祭でクラブとして赤い羽根共同募金活動に協力したいとの申し出があっていたのでした。
 教室に入ると、バザーと、ピザ販売の元気な呼び込みの声が飛び込んできました。バザーでは共同募金グッズも販売されており、京都から遊びに来たという青年は、ソフトバンクホークスファンの友人のために、赤い羽根のついたソフトバンクホークスピンバッジを5個も購入されていました。

キョウボブログ1(ピン)1

赤い羽根ピンバッジ
バッジ代は500円のうち416円が募金となります。

そして、赤いテーブルクロスがかけられたテーブルには募金箱と赤い羽根が置かれていました。
 今回の文化祭に向けて、インターアクトクラブのメンバーは、集まった募金はどのように使われるのかを、共同募金会福岡市支会が作成した資料と動画※により、事前に学習したというからすごいです。

この動画は学園祭中も教室で上映され、来場いただいた市民の方や学生さんたちは、熱心にご覧になられていました。
キョウボブログ1
「へ~、そうなんだ~。」動画でわかる共同募金の使われ方。


 インターアクトクラブ顧問の赤瀬先生にお話しを伺いました。
「今回ご縁があり、赤い羽根募金の活動を学園祭で行わせていただきました。
生徒たちも昔から変わらない赤い羽根に子供時代を懐かしみながら、募金を呼びかけました!
共同募金の配分先の福祉施設の映像を通して、自分たちの募金活動がどういった形で活きるのかも理解できたようです。
私たちの活動が、少しでも社会貢献になっているのならとても嬉しい、と話しております。
生徒たちにとっても、私たち教員にとっても、大変良い機会になりました。
スタッフの皆さま、ご協力いただき本当にありがとうございました。」 
と言ってくださいました。
 地域の人と学校をつなぐ架け橋とも言える学園祭、これからもずっと続きますように(^O^)

インターアクトクラブのみなさん、共同募金へのご協力、本当にありがとうございました。
キョウボブログ2
博多女子高等学校インターアクトクラブの皆さん。


※動画:今年度、共同募金配分を受けて送迎用車両を購入された障がい福祉サービス事業所「Well」(城南区樋井川)の活動紹介と、車両を使う様子をまとめた動画。(平成27年6月、福岡県共同募金会福岡市支会作成)

(共同募金会:E)
2015.10.28 Wed l 共同募金会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/162-79496b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)