ボランティアセンターでは子どもから高齢者まで気軽に参加できるボランティア活動のひとつとして「カード作り」に取り組んでいます。これは東日本大震災で大きな被害を受けた宮城・福島・岩手3県の復興を願って、被災地の子どもたちへクリスマスと新年のお祝いカードを届ける活動です。このプロジェクトは中央大学名誉教授の田中拓男氏を代表とするグループが4年前から実施しており、過去3年間で60を超える世界の国々や日本の各地の仲間が書いたあたたかい励ましのクリスマスカード6万通を子どもたちへ届けたそうです。
12/12(土)に開催された『みんなでふくし&ふくふくプラザバリアフリー映画祭』でもカード作りの体験コーナーを設置したところ、たくさんの方が参加してくださいました。出来上がったカードをプロジェクトの事務局に送付したところ、すぐに代表の田中名誉教授からお礼のお電話をいただき、カードは福島県南相馬市のこどもたちへ届けられることを伺いました。カードというツールで会ったことのない福島のこどもたちとも気持ちがつながりが作られる本当に素晴らしいプロジェクトだと思います。ボランティアセンターでは来年も引き続き、このカード作りに取り組んでいきます。
プロジェクトの内容は「被災地にクリスマスカードを届けよう!Xmas cards from friends around the world」の公式FACEBOOKでも詳しくご紹介されています。
https://www.facebook.com/XmasCardsFromFriendsAroundTheWorld/

ボラセンブログ2




ボラセンブログ3

(ボランティアセンター:Y)
2016.01.07 Thu l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/170-56aaf1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)