福岡市市民後見人スキルアップ研修は、「市民参加型後見人登録バンク」に登録している49名を対象に、市民後見人として備えるべき資質の向上を図ることを目的に10月~12月の期間中、計6回のカリキュラムを実施しています。
 研修会2日目(10/25)、3日目(11/16)は、本会が実施している法人後見事業の履行補助者として活動している市民参加型後見人が「被後見人等に接するうえで、心がけていること」や「市民参加型後見人のやりがい・魅力」などについて実践報告を行いました。
 実践報告の後には、被後見人の支援方法に関する「グループワーク」を行い、これからの市民参加型後見人の活動に参考となる研修会となったようです。

しみん1
<グループワーク(10/25)> 
      

しみん2
<実践報告(11/16)>



【参加者の声】(アンケートから一部抜粋)
◆被後見人と接するうえで心がけていること・・・の中で、繰り返しの会話が多くなった方に「ゆっくり、しっかり聴くようにしている」と話されたところが、心に残りました。

◆被後見人に寄り添う気持ちを大切にしながら実践されていると思った。報告書の作成が負担との意見もあるが、報告書を作成することが自分の活動を振り返り、見直すことになっていると思う。

◆市民参加型後見人の難しさ、奥深さをつくづく感じました。


※福岡市社協における「市民参加型後見人」
 福岡市市民後見人養成研修を終了した人は、福岡市の推薦を受けたうえで、本会に登録し、本会が実施する法人後見の履行補助者として後見業務に携わっています。
 この履行補助者を本会では「市民参加型後見人」と呼び、一般的に家庭裁判所から直接個人で選任を受ける市民後見人とは異なり、本会独自に「市民参加型後見人」と独自の呼称を用いています。

(あんしん生活支援センター:Y)


2016.12.13 Tue l あんしん生活支援センター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/187-1ec67d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)