6月19日(月)冷泉公園にて、52回目となる福岡市戦災引揚死没者追悼式を開催しました。
 当日は、夏のような日差しが照り付ける暑い中、約270人もの方々にご参列いただきました。
 戦後72年目を迎え、100歳を超える遺族の方も参加されていました。
「来年も元気であればぜひ参加したい」と、この追悼式を1年の節目として大切にされている思いや平和への切なる願いを感じました。
 遺族代表者の謝辞に「若い世代の人にはこの戦争について知ってもらい、自らの生き方を変えるきっかけにし、周りの人みんなと力を合わせて日々の生活を大切に生きてほしいと願います」との言葉がありました。自己を振り返ると、仕事や雑事に追われて毎日が流れるように過ぎていく中、日々の平穏な生活を大切にするどころか「あたりまえ」ととらえてしまっていることに改めて気づかされました。
 「戦争」のことを思うと、平穏な生活を送れること自体とてもありがたいことですよね…。これからはまず、自分の状況に感謝するとともに忙しい毎日の中でも小さな楽しみや喜びを見つけ、家族や周囲の方と分かち合って毎日を大切に過ごしていきたいなと思います。
追悼式

追悼式2

2017.08.03 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/200-d255452c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)