FC2ブログ
西日本を中心とした記録的な大雨により甚大な被害が発生しました。
被災された皆さま、そのご家族の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

福岡市でも、7月5日(木)から降り続く大雨により、6日(金)夜、西区西陵中学校の高さ約4メートルの擁壁が崩れ、大量の土砂が住宅地に流れ込む被害が発生しました。
熊本地震や平成29年北部豪雨による被災地支援活動しているNPO法人YNFさんの事務所の所在地であったこともあり、翌日の7月7日土曜日に、いち早く支援活動に入っていたYNFさんからの応援要請が福岡市社協にありました。
関係団体との協議により、災害ボランティア活動の拠点として、西陵校区自治協議会・YNF・(一社)ふくおかfun・西区社協・福岡市社協の協働で「西陵校区臨時災害ボランティアセンター」が7月8日より設置運営され、いち早く元の生活に戻れるよう支援活動が展開されました。
その結果、7月7日(土)~7月10日(火)計4日間、延約780名の区役所などの行政・学校関係者・学生・地域ボランティア・NPO団体の方々そして、重機やダンプの提供をいただいた有志の方々の力によって、道路上の大量の土砂や家屋内の土砂撤去を行なうことができました。
地域住民の力、外部からのNPOやボランティアの力、重機やダンプを使った支援ができる専門家の力がひとつの目的に向かって協働する4日間でした。
ご協力いただいた皆さまへ感謝申し上げます。

11.png

12.png
2018.07.24 Tue l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/208-173cfbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)