みなさん、タイトルの○○○には、何が入るでしょう?
答えは、勤マル
正式には「勤労者マルチライフ」といいます。

このマルチライフとは、仕事オンリーの生活にもう一つ、
別の要素を組み合わせることで、生きがいのある充実した人生を送る生き方のことです。
そこでもう一つの要素として、社会貢献=ボランティア活動を提案するのが、「勤マルの日」なのです。

勤労者のみなさんの中には、
「仕事に追われてただでも忙しいのに、ボランティアなんてムリ!」
と思われている方もいらっしゃると思いますが、実はボランティアって楽しみながらやるものなんです。
忙しいからこそ、ボランティアでちょっと息抜きしてみませんか?

ということで、『勤マルの日』の中身をご紹介します。

今年で4回目となるこの『勤マルの日』。
昨年は、9ヵ所に総勢750名の参加がありました。
内容は子ども病院や九州がんセンター、大濠公園で花の手入れをするフラワーボランティア。
油山自然観察の森や新宮町にある楯の松原で、間伐や草刈りを行う里親ボランティア。
大名地区での落書き消しや、海岸で清掃をする環境ボランティアなどです。

これまでは、真夏の7月というかなり過酷な時期に開催していましたが、
今年は涼しい秋のシーズン、11月14日(土)に開催します。

今年も昨年に引き続き、福岡市内や北九州で合計10ヵ所を拠点として、様々な内容のプログラムを予定しています。

昨年同様どの拠点も、ボランティア活動を気軽に体験できる活動を準備する予定ですので、みなさんも「楽しみながらできる社会貢献」に、ぜひご参加ください。

詳細が決まり次第、ボランティアセンターホームページに情報を掲載致します。

担当:ボランティアセンター F
2009.08.21 Fri l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/21-4cd5ef39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)