「あいさつ」は何のためにするのか。また、どのように捉えているのか、本会に実習に来た学生さんに聞くことがあります。
大事なことだから。人間関係を築く最初の言葉だから。当たり前のことだから。何となく習慣だから。あいさつから始まるものだから。
このように答えはさまざまです。
これが正しいという答えはないのかもしれませんが、私は少し大げさな言い方をするとあいさつは自己主張じゃないかと思っています。
例えば、町で知ってる人を見かけたらこちらから声をかけますよね。この時の言葉にあいさつの言葉が含まれています。
「○○さんこんにちは。お久しぶりですね」
これは、人間関係の濃さ(好ましく思っていない人には声をかけないなど)もあると思いますが、相手に自分の存在を主張する最初の言葉にあいさつが含まれています。
年齢や先輩・後輩の関係にかかわらず、気がついた方からするのが「あいさつ」ではないでしょうか。

4年半前に、区社協から市民福祉プラザに異動になりました。
そのときに、前述したように、こちらから「あいさつ」をすることと他に何か長く続けられることをしようと考えました。
簡単なことだと日々行うことができる。
では何をしようかと考え、まず事務所の中に落ちている「ゼムクリップ」を拾うことにしました。
今の事務所はOAフロアーで、床はグレーのカーペット張りのため落ちているクリップが見えづらいのです。
くりっぷ

気をつけて見ると、机やいすの周りにたくさん落ちているのに驚きました。それと日常のことなので周りの人はあまり気にかけていないようです。
範囲も少しずつですが、事務所内から廊下など共有部分にも広げていきました。
数値目標を掲げていなかったので拾った数は不明ですが、思わぬ副産物がありました。
それは、いつの間にか目についたちっちゃなゴミ(輪ゴムや紙くずなど)を、ためらうことなく拾って近くのゴミ箱へ捨てることができるようになっていたのでした。
これは自分でも少し驚きでした。

この経験から、行動を起こすときに自分なりに整理(出発点を確認し目的に向かって)して行うことが大事なんだと改めて感じました。
迷ったりしたら出発点に戻って再出発をすれば良いんですから。

「あいさつ」と「ゼムクリップ拾い」これからも続けていこうと思っています。
 

担当:あんしん生活支援センター I
2009.09.14 Mon l あんしん生活支援センター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/23-cf0fbf4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)