10月1日より、福岡市社協 地域福祉課に配属されました。
今までと違った業務内容にドキドキもあり、不安もあり…。
先輩方の丁寧なご指導を受け、新たな業務を覚えながらも楽しい毎日です♪内山
以前は高齢者のデーサービスに勤務しており、高齢者と一緒にレクリエーションや体操、また送迎サービス・介護全般・相談業務を行っていました。
デイサービスに通われる方には、介護認定を受けた元気な方、認知症の方、車いすで全介助の方、周りの方と馴染めない方、帰宅願望の強い方…。
個々人が直面する問題の解決方法はさまざまで、100人いれば100通り以上の対応を考え、たくさん勉強させてもらいました。


先日、福岡県主催の「見守りネットワーク事業」の研修会に行かせてもらいました。
その中のシンポジウムでは、民生委員さんの率直な意見を聞くことができ、とてもためになりました。

また、研修の中では「傾聴」に関しての講義がありました。
「聞く」と「聴く」の違い…。
「傾聴」の講義となると、必ずと言っていいほど出てくる話ではないでしょうか。
「聞く」は自分の価値観や考えの枠の中で、聞く。相手の気持ちを受け止めていません。
「聴く」は自分の価値観や考えを取り除き、相手の気持ちに寄り添いながら聴く。

そして「傾聴」という漢字は「耳に14の心を傾ける」と書くとのこと。全ての心で聴くことだと講義してくださいました。
日々の生活に慣れてきたり、忙しくなったりすると、「聴いたつもり」になりがちです。
話したつもり、やったつもり、頑張ったつもり…にならないよう、初心を忘れず、自らの経験を生かしながら頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします!

担当:地域福祉課 U
2009.10.21 Wed l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/26-7cda8d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)