憂鬱な時期です。今年も職場の定期健康診断の受診通知が10月に届いたのです。
喜んで受診する人もいると聞くけど、私は逆のタイプです。
今年が特に憂鬱なのは、胃透視検査が希望者だけだったものが年齢該当者全員の検査となり、新たに鮮血検査(検便)も加わったのです。
本来はありがたいことと思わなければならないのでしょうが…。

胃検診は私の場合は最初から胃カメラです。
これまでの不摂生がたたり、10回は飲んでいます。結構上手に飲める方だと思いますが、涙を流すほどきついのも事実です。
定期健康診断では、精密検査の結果「手遅れだったら?」との不安が常に頭をよぎり、これまで避けてきたのです。

鮮血検査は中学生以来じゃないでしょうか。どう採取したものか、それをどこに置いておこうか、あげくは病院への持ち運び等々…考えはじめるととても気が重くなります。
この気持ちは、年齢に関係なくこの検査を受ける皆さん同じでしょうね。
大腸ガンは増加し、特に50歳以上に多いと聞きました。早期発見すれば完治すること、それは自分と家族のため、しかも職場が職員のために計画してくれていることも、
♪♪わかっちゃいるけど…♪♪

躊躇し、恐れながらもこれを済ませないと正月を迎えられないと自分に言い聞かせて、結局は期限の12月末までには受診するのですが、このことが私の年末の恒例行事となっています。

担当:管理運営課 E
2009.11.20 Fri l 総務課管理係 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/28-10e1d504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)