「花冷え」という言葉がありますが、今年はまさに「言葉どおり」の年でした。
平成18年の春も、「花冷え」の年で、桜の木に雪が積もった事があります。スキーが好きな私は、その年4月2日まで、島根に滑りに行き、翌日から「介護サービス評価センターふくおか」での勤務がはじまりました。

~走行200キロ~
「介護サービス評価センターふくおか」では、介護サービス事業所の情報開示等に携わる調査業務で、福岡県内の各事業所に赴きます。
吉冨町、星野村、大川市、大牟田市、・・・同じ福岡県と言っても、本当に広く、一日の走行距離が200キロを越えている事も時々あります。
同じ「広いなあ?」の感想も、地図を見るのと、実際移動するのとではだいぶ違いまして、地図では見えない物を発見し、聞こえない言葉を聞く事ができます。

たとえば・・・
ネコバス
とある、道の駅のネコバス。きっと、ご存知の方も多いですよね。

『そやん、わあっかもんの、しごとやんね』
【訳:それは、本来、若い人達が、するべき事ではないのでしょうか(と提案しているニュアンス)】

などなど、全国的に知られている「博多弁」以外に、色々な福岡の方言を聞く度に、「福岡県って、広いなあ~」と実感します。

で、「土地は違っても、同じだなあ~」と、実感する事もあります。
各事業所の利用者さんの、お部屋やキーホルダー、時には携帯電話の待ち受け画面に登場し、支持者やファンが多いのが、題名に挙げた方々です。

演歌歌手、氷川きよし氏は、福岡県出身という事もあってか、どの事業所に行っても、必ずCDと団扇、ポスターの一枚はあるのではないかと思いますよ。

ヨン様は、韓流スター代表ということで。(実際は、ソン様、ウォン様、パク様etcと様々)


皇室ご一家に関するテレビ番組もとても人気があります。美智子皇后におかれましては、初の民間出身の皇太子妃として、国民に愛され親しまれてきた背景と、妻として、母親として、利用者の多くの方々が同じ時代を生き抜いてこられたという共感や想いを抱いておられるのだなあと思います。

勤務当初は、道を間違えたり、地名が読めずとまどうことばかりで、移動するだけで精一杯の毎日でしたが、あれから、はや4年。

・ ・・そういえば、私4月生まれなんですよ・・・歳もとったなぁ~(笑)


担当:介護サービス評価センターふくおか F
2010.04.06 Tue l 介護サービス評価センターふくおか l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/38-4593f06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)