私は、休日も含め早朝の5時頃から、平日は1時間(約5キロ)マリンワールドがある国営公園の周辺を、休日は2時間(約10キロ)満潮の時には海がつながり島になる「志賀島」の周回道路をウォーキングしています。 

 春近づく春分の日を過ぎた頃から、体の動きが軽快になるのと共に、夜明けが早くなるのを感じることができます。
 茜色の空が変化の早いグラデーションで夜明けを迎え、夕焼けの空とはまた違った趣があり、夏至が近づく6月は、日の出を迎えながらのウォーキングで、犬鳴山系の青い山越に、ルビー色の太陽の一端が見えたときの神々しさは、思わず、「今日も一日無事に」と祈ってしまいます。

 また、休日の志賀島周回道路ウォーキングは、海の四季を五感で感じます。今の季節はウグイスの鳴き声をバックミュージックに、夜通し遊んだ若者や釣り人と挨拶を交わし、港では漁船から水揚げされた魚を見ながら歩いています。

福岡市の外れに住んでいますので「ふくふくプラザ」への通勤は不便ですが、健康面では良い所です。

日の出の写真を紹介します。
マリンワールド前から撮影 日の出
 6月9日5時14分 マリンワールド前から撮影 犬鳴山系から顔を出す太陽。
 この日の福岡の日の出時間は5時8分、約6分遅れての日の出です。

担当:福岡県共同募金会福岡市支会 Y
2010.06.18 Fri l 共同募金会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/44-7864fefd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)