10月の上旬、宮崎に行ってきました。
     知事1      宮崎1
?中学の修学旅行 (青島・日南海岸・サボテン公園など)
?女性民生委員の研修随行 (ホテルフェニックス)
?両親を連れての家族旅行(青島・日南海岸・鵜戸神社など)

と、言うわけで宮崎市周辺への訪問は、4回目です。
最後に訪れて、16年ぶりでした。
この間、訪問の機会は幾度かあったのですが、自ら避け続けていました。
何故なら、宮崎が嫌いだったのです。

私には、兄がいました。
兄は、平成7年4月に、宮崎市に単身赴任しました。
半年後の10月に、胃ガンを発病。
1年後の平成8年10月に、私のたった一人の兄は、50歳でこの世を去りました。
宮崎にさえ行かなければ・・・。
宮崎が兄を奪ったような、気がしていたのです。
だから、私にとって宮崎は、ずーと近づきたくないところだったのです。

今年、宮崎は、口蹄疫問題で大変な状況におかれました。
連日の新聞やテレビの報道に、何故か私は、他のどんなニュースより気がかりで、注視しました。
我が子のように育てた牛や豚をすべて殺処分しなければならなかった畜産農家の苦しみや、そのことに端を発する県民の苦境、なかなか終息しないあせりなど、つらくて重い5ヶ月だったと思います。

時がたつにつれ、宮崎に対する私の気持ちに変化が、起こっていました。
宮崎は、兄を奪った町ではなく、兄が最後にお世話になった町なのだ。と思うようになっていました。
その町の人たちが、苦しい思いをしている。私に何ができるのだろう。

共同募金での義援金の募集の際は、早い復興を願うと共に、お礼と感謝の気持ちを込めて、心ばかりですが、寄付をさせていただきました。
今回宮崎を訪問したのも、口蹄疫が終息した今、一日も早い再生を願ってのことでした。
 
「がんばろう! 宮崎」     「フレー!フレー! 宮崎」
               旗1

担当:福岡県共同募金会福岡市支会 T
2010.10.13 Wed l 共同募金会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/53-2097efa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)