11月の連休を利用して島根に行ってきました。
もちろん休日高速道路1,000円を利用しての観光旅行です。観光先は世界遺産の石見銀山遺跡、出雲大社、宍道湖の夕日、松江城、足立美術館、水木しげるロードと大変欲張った旅行でした。

石見銀山遺跡ではボランティアガイドツアーによる2時間半の見学。ガイドの方の説明を聞き石見銀山遺跡に凄く感動させられました。ここの世界遺産の特徴は自然を破壊せず、環境に配慮した「自然環境と共存した産業遺跡」だそうです。ガイドなしで見学された方は、なんだか森林浴に来たようだとつぶやいておられました。
               石見銀山

次の日に訪れたのは出雲大社。訪れたこの月は島根では神在月(旧暦)と呼ぶそうです。日本中の神様がこの出雲大社に集まられ、縁結びについて話し合われているそうです。そういえば若い女性がすごく多かったな。少子化対策のためにも神様にたくさんの縁結びを頑張ってもらわなければなりません。

次に足立美術館。ここの庭園は8年連続「庭園日本一」に選ばれたそうです。私たちが行った時は紅葉真っ盛りで、年間でも一番美しい時期。それはそれは感動ものでした。
 足立美術館

最後に水木しげるロードを訪れました。皆さんご存知のとおり「ゲゲゲの女房」で一躍有名になった商店街です。「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪がブロンズ像で作られ、あちらこちらに展示されています。
「ゲゲゲの鬼太郎」は、私が中学生の頃テレビ放映が始まり、はまって観ていた記憶があります。私の子供もテレビで観ていたようです。6歳の孫も実写版(ウエンツ出演)を楽しそうに観ていたそうです。そして私の母は「ゲゲゲの女房」にはまって観ていました。
そういえば、水木しげるロードでは、小さな子供もその親も若い人も高齢な方もみなさん楽しそうに、一緒になってブロンズ像の前で写真を撮っていました。
              ゲゲゲ

我が家も四世代に渡って「ゲゲゲの鬼太郎」で楽しませてもらっていることを考えると、水木しげる氏の偉大さを改めて感じました。
我が家の今度の正月は、「ゲゲゲの鬼太郎」の話題で四世代が盛り上がりそうな気配です。

担当:介護サービス評価センターふくおか Y
2010.12.17 Fri l 介護サービス評価センターふくおか l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/58-93dbe1ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)