あんしん生活支援センターのTです。
ブログの記入は久々です。
今回は、今年度開催した「日常生活自立支援事業」の登録サポーター養成講座について書きたいと思います。

この講座は、今年度始めて開催しました。
「登録サポーター」とは、「日常生活自立支援事業」(事業内容は、ホームページを参照ください)の支援を行う人を養成する目的で7月、10月、1月(それぞれ2日間)に開催しました。
3回の講座の合計は、申込者101名、登録者60名でした。

現在は、12名のサポーターが活動を行っています。
※1月に登録したサポーターは、まだ活動紹介を行っていないので、実質は34名の登録者のうち12名が活動中です。

講座の中身はというと、「社会福祉協議会とは」から始まり、「認知症や、知的、精神障がいについて」など講義が中心です。

その中でも、特に好評なのが、職員が行う「ロールプレイング」です。
実際の支援の状況を職員がそれぞれの役に扮して行います。
配役は、次の通りです。
「サポーター」、「利用者」、「区社協職員」、「ホームヘルパー」、「銀行員」、「ATM」

一応台本はあるのですが、練習は1?2回程度で、アドリブ満載。
実際の現場を忠実に再現する熱のこもった演技を披露され、
「具体的でわかりやすく楽しかった」、「私にもできるかもと思わせてもらった」などの意見をいただきました。

ちなみに・・・「ATM」も機械音を忠実に再現しています。

本講座は、サポーター養成という目的だけでなく、市民の方への「社協事業のPR」の目的もあります。
登録する・しないに限らず、この講座を通して、社協が地域で果たす役割を理解していただき、地域活動を始めるきっかけになればと思います。

来年度も開催(市政だより・ホームページで募集)しますので、興味のある方は是非お申し込みください。

担当:あんしん生活支援センター T
2011.01.31 Mon l あんしん生活支援センター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/62-64af2d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)