私の住まいは、国宝の金印出土で有名な「志賀島」の近所です。
 休日はウォーキングを兼ねて志賀島を散策、1周約10?の周回湾岸道路や、島内の山を約2?3時間かけて巡っています。
「志賀島」は金印公園の他に、元寇の時、高野山の僧侶が護摩を焚いて敵が退散するように祈った火焔塚や、蒙古兵の供養のために建てられた蒙古塚、海の守護神として万葉集にも詠まれている志賀海(しかうみ)神社などの史跡に富んでいます。

 万葉集【「ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬとも われは忘れじ志賀の皇神」(航海の難所である鐘の岬を過ぎたとしても、私は海路の無事をお願いしたこの志賀の神様を忘れません)】

 志賀海神社では、1月に無形文化財の「歩射祭」や10月には「国土祭」で狭い参道を馬が駆けて弓を射る「流鏑馬」などの神事もあります。
      流鏑馬

 また、島の最高点(168.9m)にある潮見展望台からの眺めは、博多湾を一望でき素晴らしい景勝地です。
潮見展望台からの眺め

 自然が一杯ですので、目や耳を楽しませてくれることが沢山あります。
 小鳥のさえずり、特に鶯(ウグイス)の鳴き声をバックミュージックに歩けば足どりも軽くなります。「チョット来い」の特徴ある鳴き声の小綬鶏(コジュケイ)はなかなか姿を見せない鳥ですが、早朝に子連れで餌を探しに現れる可愛い光景を見ることもあります。
 最近、以前は住んでいなかった猪が居り、九大移設で住み辛くなった糸島方面から、島伝いに海を泳いで来たとの噂ですが、かなりの頭数がいるようで島内のいたる所で足跡や土を掘り返した痕跡が見られます。
 
 春先は、収穫を兼ねた楽しみのツクシやワラビ摘み、海では打ち上げられたワカメ取りや潮干狩り、磯遊びなどもあります。
 偶然ですが、6月下旬の大潮の時にクサフグの産卵に出会ったこともあります。大量のクサフグが波打ち際の岩の所に集まり、産卵で海面が真っ白になり、神秘的で不思議な光景でした。

 1周回れば当然360度、早朝には東の空から清々しい日の出、夕方には西の水平線に揺らぎながらゆく見事な落陽を見ることができます。
魅力を挙げたらきりがありません。皆様も一度、ゆっくり「志賀島」を巡られることをお勧めします。

散策中に島内の掲示板に「共同募金へのご協力」のポスターが貼付してあるのを見ました。
 ご協力ありがとうございました。


担当:共同募金会福岡市支会 Y
2011.02.25 Fri l 共同募金会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fukuokashakyo.blog63.fc2.com/tb.php/65-7630326c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)