福岡市社会福祉協議会は職員数の増加等に伴い、11月の終わりに事務室等のレイアウト変更を予定しています。
私たちボランティアセンターの関連でも、現在3階にあるプリンティングルームを2階に移すなど、かなり大がかりな変更となる予定です。
 プリンティングルームというのは、文字どおり「印刷室」ですが、ここのあるのは普通のプリンターではなく、点字専用のプリンターです。パソコンで作った点字データをこのプリンターで印刷すると、専用の厚手の紙をピンが叩いて紙の表面に凸を作る仕組みになっており、視覚障がい者の方が指で読むことができる点字印刷物を作ることができます。
 この部屋は、複数の点訳ボランティアグループが活動の拠点としており、今回の引っ越しでは3階の部屋から、もともとはプラザ開設の平成10年から平成22年までの間、プリンティングルームとして使用していたボランティアセンターの横の部屋へ「里帰り」することになります。広さに余裕がある部屋同士での移動なら、たいして頭を悩ますこともないのでしょうが、少々手狭な部屋への移動となると、メジャーを片手に図面とのにらめっこが続きます。パズルのようにあちらこちらと机や棚を組み合わせてみても、なかなかうまくいきません。いくつかの棚を別の事務室に移動させることを決断し、ようやく収まった!と思いきや、パソコンとプリンターの組み合わせがうまくいかないことに気づき、また最初からやり直し・・・さあ、どんなレイアウトになることでしょう。
 ボランティアのみなさまにも年度途中での活動場所移動でご迷惑をおかけすることになりましたが、みなさん快くご協力いただき、大変感謝しています。
 せっかくの機会なので、事務所もきれいに整理して気持ちよく市民のみなさまをお迎えできるボランティアセンターを目指します。

 ボランティアセンター Y
2013.11.01 Fri l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ボランティアセンターには、年末から年始にかけて、市内の多くの企業様から企業で作成されたものの余りなどのカレンダーや手帳をたくさん寄付していただいております。
 その数およそ500個以上!

寄贈カレンダー(一部)007

 寄付していただいたカレンダーや手帳はふくふくプラザの1階ロビーの一角にまとめて置き、来所したボランティアなどの市民の皆様に自由にお持ち帰りいただいています。
 楽しみにしている方も多いようで、今年も配布開始日にはたくさんの方が来所されました。
 
 有名な画家の絵やきれいな絵がついたもの、予定がたくさん書きこめるシンプルなもの、手帳や卓上タイプなど、それぞれの好みや用途に応じて選んで持ち帰っていただきました。
 「昔に比べてカレンダーが手に入りにくにので、このような取り組みはとても助かります。」という感謝の声も寄せられました。
 
             配布の様子005

 また、本会で行っている「日常生活自立支援事業」の利用者の方にもお届けしています。
 
 そして、会場に赤い羽根共同募金と社会福祉協議会の募金箱を設置したところ、多くの募金をいただきました。ありがとうございました。

                          募金箱 009

 最後になりましたが、今年ご協力いただいた企業様のご紹介です。(1月10日現在、50音順)
 
 ・伊藤忠商事株式会社九州支社 様
 ・伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社 様
 ・九州電力株式会社 様
 ・漁業協同組合 様
 ・積水ハウス株式会社九州営業本部 様
 ・株式会社電通テック 様
 ・パシフィックコンサルタンツ株式会社 様
 ・三菱地所株式会社 様

 たくさんのご寄贈、ありがとうございました(*^。^*)


担当:ボランティアセンター Y
2013.01.25 Fri l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top
 9月1日から毎週土曜日、3回シリーズでガイドボランティア養成講座を実施し、15日をもって無事に閉講しました。
 ありがたいことに定員を上回る申込みがあり、最終的に22名が参加されました。
 
 ガイドボランティアとは、視覚に障がいのある方が趣味や買い物などで外出されるときに、介助をするボランティアです。
 この講座は、本会ボランティアセンターに登録しているボランティアグループ「風車」協力のもと、年に1回開催しています。
                  ガイドボランティア講座

 初日は外部講師による障がいやその支援方法に関する講話。
 2日目は、初日の講義を受けての実技。2人1組のペアが、ガイドをする役・される役になり天神へ向け出発しました。
 利用する交通手段は、地下鉄とバス。「普段何気なく乗っている乗り物が、立場を変えるとこんなにも不便なものなのか…」受講生の中からこのような言葉が漏れていました。
その後、イムズにある日産福岡ギャラリーの展示車をお借りし、ガイドをする際の車への乗せ方も体験しました。
最終日は、ガイドボランティア利用者との交流会と食事実習。食事実習ではお弁当を時計にみたて、「○○時の方向に△△のおかずがありますよ」と、ガイドボランティア利用者へ一生懸命に説明をする姿が印象的でした。

 受講生は、普段なかなか接することのない障がい者との交流や様々な体験をすることで、視覚障がい者の抱えている切実な問題に気付き、またボランティアの必要性を痛感したようです。
 今後、卒業生の多くがボランティア活動に携わって頂けることを期待しています。

 最後にこの場をかりて、今回の講座にご協力頂きました皆様にお礼申し上げます。
 西鉄バス、福岡市営地下鉄、そしてイムズ日産福岡ギャラリーの皆様、土曜日というお客様が多い曜日にご協力を頂き、ありがとうございました。


担当:ボランティアセンター I
2012.09.28 Fri l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top
 7月17日13時45分、福岡市で震度6の地震発生!(もちろん“想定”です)
 10分後、「福岡市災害ボランティアセンター」立上げの指示が出され、市民福祉プラザ1階に同センターを設置。…という災害ボランティアセンターの立上げのシミュレーションを行いました。今回のシミュレーションの目的は、初動体制の確認と検証です。
 
 災害支援ボランティアの方々34名の参加協力のもと、ボランティア受付、ニーズ受付、マッチング、総務、調整、資材・送迎の各部署をセッティングし、マッチング班の活動紹介スペースには具体的なニーズや各区防災マップ等を掲示しました。各部署の役割を確認し、社協職員及びボランティアで災害ボランティアセンターのイメージを共有できた有意義なシミュレーションとなりました。

 一方で、資材や役割分担、指揮命令系統などにおいて準備不足もあり、様々な課題も残りました。今後は、課題を解消するために、さらに他機関との連携を進めながら、回数を重ねていきたいと思います。

              H24災害ボラセンシミュレーション 074

 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


担当:ボランティアセンター Y
2012.08.01 Wed l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top
 4月からボランティアセンターに来て、早くも1年が経過しようとしています。ボランティアセンター窓口で交わすちょっとした挨拶や会話を楽しみに、毎日を過ごさせていただいています。

 ボランティアといえば、5年程前から私が住んでいる地域で、微力ながら地域の仲間達と一緒にボランティア活動をしています。その一環で、昨年12月に障がい者施設のクリスマス会にいってきました。数年前から趣味でよさこいを踊っており、クリスマス会では、サンタの格好をして、参加メンバーでよさこいを3曲ほど踊りましたが、踊ることを通して、施設の皆さんと一体となり楽しむことが出来ました。
 「踊ることは、技術の有無や上手く踊ることより、何よりもまずは音を楽しむこと、その時をその場にいる人達と思い切り楽しむことが大事なんだ!」という、踊りはじめた頃の新鮮な気持ちを私自身も思い出すことが出来て、本当によかったです。

 でも、何よりも嬉しかったのは、訪問した時の皆さんの笑顔!本当に最高でした。
 これからもいろんな人達の笑顔に出会えることを楽しみに、仕事に、趣味に、頑張りたいと思います。
 そして、皆さんが思わず笑顔になるような、明るく、楽しいボランティアセンター作りをがんばりたいと思います!ぜひ遊びにきてください。よろしくお願いします。

 担当:ボランティアセンター F
2012.02.09 Thu l ボランティアセンター l コメント (0) トラックバック (0) l top