FC2ブログ
今年で終戦から73年という長い歳月が経ち、戦争を知っている世代の方も少なくなってきています。戦争によって日本が受けた被害は非常に大きく、福岡市でも昭和20年6月19日の福岡大空襲によって福岡市の市街地、とりわけ奈良屋・冷泉地区は甚大な被害を受けました。
福岡市社会福祉協議会では、福岡大空襲による戦災死没者、海外から引揚の途中で亡くなられた多くの方々のご冥福を祈り、併せて恒久平和への誓いを新たにするために、毎年、6月19日に博多区冷泉公園にて「福岡市戦災引揚死没者追悼式」を執り行っています。
3


今年は、開式前に小雨の降る足元の悪い状況の中、100名を超える博多小の児童の皆さまを含め、300名近い人々がご参列くださいました。
遺族代表の方の謝辞の中の、「戦争を知る人も少なくなり、戦争の悲惨さを風化させることなく後世に語り継いでいきたい。」という言葉を聞いて、私自身も改めて平和の尊さ、生命の大切さについて考えました。また、博多小の児童代表の3名が、平和への思いをこめて作文を朗読してくれましたが、将来を担う子ども達が平和について考え、思いをはせてくれたことは、日本の未来への明るい希望のように感じられ、とても嬉しく思いました。
平和な時代を生きている私たちは、日常の忙しさにかまけて平和の尊さについて忘れてしまいがちです。平和への想いを忘れないためにも、皆様も来月の終戦記念日には平和について考える時間を持ってみてはいかがでしょうか。
4.png
2018.07.18 Wed l 総務課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
冬の深まりとともに、受験シーズンも真っ最中!
ニュースでも通勤電車の中でも、受験生の頑張っている姿がみられます。

受験勉強の苦しさ、先行きが不透明なことへの不安・・・
どのようでもあれ、結果は出ます。
希望通りの結果かどうかはわからないですが、
「終わりよければ全てよし」と思えるよう最後までがんばってくださいね!

さて、皆さんは「終活」という言葉を耳にしたことはありますか?
「終活」とは「人生の終わりのための活動」の略で、自分の人生の最期を迎えるにあたり、
色々な準備をすることや人生の総括を意味する言葉です。

福岡市社協地域福祉課の取り組みとして、
ご葬儀や納骨、家財処分などの‘死後事務’を親族に代わって行う事業、
「ずーっとあんしん安らか事業」と「やすらかパック事業」があります。
これらのノウハウを活かしながら、より総合相談窓口の役割を果たせないかと考え、
出前終活相談を計画しました。
終活ブログ用写真


〔終活相談の様子〕

今回は試験実施ということで、
11月から1月の3か月間で、市内計5か所の地域カフェで終活相談窓口を開設し、
多くの方とお話する機会ができました。
それぞれの境遇で葬儀や相続、尊厳死など気になっていることは違いますが、
話し終って帰られるときに晴れやかな表情をみせてくれたり、
「帰ったら家族と話してみます」とおっしゃられるのを聞くと嬉しくなりました。

自分のゆく先を決め、親族など遺される人への配慮が明確になれば、
漠然とした不安感もなくなり、そのあとの生活がより充実して楽しめるものとなるのではないでしょうか。
ふだん「死」に関係する話題はつい避けがちになってしまいますが、
自身の「終活」について考えるいいきっかけになれば幸いです。

今後この終活相談窓口をどのように継続していくかを検討していきますので、
ご興味のある方は本会ホームページをチェックしてくださいね!

(地域福祉課・Y)
2018.01.19 Fri l 地域福祉課 l コメント (0) トラックバック (0) l top
10月26日(木)、福岡市消防設備士会様より社会貢献活動の一環として市・区社会福祉協議会様より車いす7台を寄贈いただき、贈呈式を執り行いました。
福岡市消防設備士会様は、消防用設備等の設置、維持又は点検等の業務に携わる消防設備士及び消防設備点検資格者の会員で組織された団体で、今年で創立50周年を迎えられます。
本会と市内各区社会福祉協議会では、歩行に不安がある高齢者の外出や家族の怪我などで急に車いすが必要になったときや、障がいの理解や車いすの介助の方法等を学ぶための研修などに車いすを貸し出しており、今回のご寄贈を大変ありがたくお受けしました。
ご寄贈いただいた車いすは市民の皆さまへの福祉増進・福祉啓発事業等に大切に活用させていただきます。
福岡市消防設備士会様、ありがとうございました。(総務課:F)

IMG_0762.jpg
2017.11.13 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 秋の涼しい風が心地よい季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 9月の敬老の日には、ご家族で、または地域の行事にて敬老の日のお祝いをされた方もあったのではないでしょうか。
福岡市社会福祉協議会でも敬老の日に関する事業を実施しており、市と共催で市内の100歳の方を対象に賞状とお祝いの品をお贈りしています。

 その事業の一環として、9月21日(木)南区野多目校区の筒井渫(つついおさむ)様宅を高島市長と谷川社会福祉協議会会長が訪問されました。市長、社協会長から表彰状やお祝いの品を筒井さんに贈呈した後は、筒井様夫妻と市長、谷川会長で和やかに歓談され、最後はひ孫さんを交えての記念撮影が行われ、とても賑やかな会となりました。
 お話しの中で、筒井さんは健康の秘訣は奥さまのおいしいお料理であること、近所の人への挨拶であること、日々「敬神の念」をもって過ごすことや「日々是好日」をモットーに過ごされていることなど、ご長寿の秘訣を教えて下さり、お得意の浪曲まで披露して下さいました。

 とてもお元気で、こちらの方が元気をいただいたような気持ちになりました。
 筒井様、そしてご家族の皆様、どうもありがとうございました。
 いつまでもお元気でいて下さいね。(総務課:T)

敬老の祝201711ブログ用
2017.11.09 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
平成29年9月12日(火)、講師に久保誠治氏をお迎えして、今年度第2回目「福祉レクリエーション研修」を開催しました。
テーマは『上肢運動や新聞紙を使って楽しい時間を過ごしましょう』です。
当社協は、他職種交流も兼ねており、出席者の職種は高齢者関係・障がい関係・児童関係・病院関係・一般職等様々です。
講師の久保氏は、大学での講師・レクリエーション理事・監事その他幅広く活躍され、レクリエーションキャリアがとても長い先生です。最近では、朝倉市の災害ボランティアに積極的に参加活動されて、子供達の無邪気な笑顔に元気をもらった事もあり、終始笑顔が絶えず、あっという間の3時間でした。
受講者が誕生月別に分かれ、テーマに沿い身体を使い表現発表を行いました。緊張気味だった受講者も楽しく意見交換を行う事ができ、皆様の笑顔による発表は生き生きとしていました。

【参加者の声】(アンケートから一部抜粋)
◎ 講師の説明がわかりやすく楽しみながら学習ができた
◎ 講師の方が巻き込み上手で話や行動が面白かった
◎ 片麻痺がある方にでも楽しめるレクリエーションだった
◎ 参加者全員で行う内容が多く、コミュニケーションの大切さも気付ける研修であり、よい経験となった
◎ 自分達が楽しかったので、職場で即実践したい

当日は皆様、満開の笑顔で嬉しく思いました。たくさんのご参加、誠にありがとうございました。

研修をとおして感じたことは、久保先生が笑顔でいること、楽しむことで、声に活気、身体に活気と力強いパワーがあふれていました。まさに、笑顔の種まきでした。この笑顔で研修受講者が緊張していたのもほぐれていきました。
講師の久保先生
【講師の久保先生】

図書ブログ②
雲アート
【雲アート】

私の笑顔の種まき原点は、在席している福祉図書・情報室(研修室)です。
栄養源は学びの宝庫である図書室にて吸収し、PDCA(Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)を念頭に、常に向上心を養い、発展へと努めております。
当研修係は、階層別研修や課題別研修など様々なテーマで年間を通して実施しております。今、自分が学びたい!スキルアップしたい!!という方。情報の詰まった福祉図書室を利用したり、研修に参加したり、私達と一緒に楽しく学んでみませんか?
   
「みんながやさしい、みんなにやさしい」をモットーに・・・☆
(図書・研修係 T)
2017.10.27 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top